スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバティのリメイクパーカー

リバティパーカー



昨日のFeliciteのバイアステープを無事に使う事が出来ました。
これで定規も使えます。良かったよかった。

パーカーを作りました。
なんて言えたらカッコ良いのですが、私にその技量はまだ無いので、無印良品週間で10%OFFになっていたパーカーをリメイクしてみました。

チロリアンテープを叩いているパーカーは結構良く見かけるのですが、あいにくテープの持ち合わせが無かったのです。
そこで閃きました。
Feliciteのバイアステープを叩いたら可愛いんじゃない?と。
しかしそんな事をうっかり思いついちゃったのが運の尽き。
柔らか裏毛ニットに薄~いタナローンのバイアスを真っ直ぐに縫い付ける難しさったら!!
チロリアンテープはハリがあるから縫いやすいのですね。
やってしまいました。

が、縫い神様が降りてきていて、ヤル気満々だった私。
それを悟る前に、すでにバイアステープをぐるっとしつけし終えていたのです。
この苦労を無にしてはいけない!
その一心で、ふにふにと無邪気に歪むバイアステープと格闘しつつ、何とかミシンで縫いあげました。

ポケットのレースと左袖のお花のレースモチーフは手縫いでちくちくつけました。
手縫いは融通がきいていいですね。
…ん?

ああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!
バイアステープ、無理にミシンで縫わないで、手縫いすりゃ良かったんだ!!
ミシンに費やした時間を考えたら、むしろ手でまつった方が早かったかも。
しかも縫い目が見えない分、むしろ綺麗に仕上がったのでは…。

いいんだ、いいんだ。
何事も経験。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Continue Reading

モコモコベストを着せてみた

もこもこベストA面着画



テントウムシのモコモコベストの着画が撮れました。

現在4歳、身長101㎝の娘にサイズ120の型紙で作りました。
ファー生地もニット生地もボリュームがあるので、大き目で作るくらいでちょうど良い様です。

では、続いてファーの方の着画。

もこもこベストB面着画

こちら側はシンプルなのでコーディネートの守備範囲が広そうです。


今回、ファーもニットも50cmの子ども買いだったのですが、それでも後1着同じベストが作れる程度の生地が残りました。
せっかくだから活用したいのですが、何を作ったら良いものか…?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テントウムシのモコモコベスト

テントウムシのモコモコベストA面
生地:ノムラテーラー ラトビア風ジャガードニット(てんとう虫) / ふわぽかトップヒートファー  
パターン:ham*a モコモコベスト(無料配信)




クイズの答えはベストでした。

案ずるより産むが安し。
作ってみたら、サクサクと出来てしまいました。

ただ、いくらテンションが低いと言ってもニットはニット。
縫っている間にちょっと伸びてしまった様で、帳尻合わせのためにファー生地に合わせて少し切り落としました。
おそらく裾の長い直線を縫っている時に、なんとか真っ直ぐに縫おうと力が入ってしまい、横方向に生地が伸びてしまったのだと思います。
ニットソーイングは曲線よりもむしろ長い直線の縫い合わせの方が難しいと感じました。
左身頃と右見頃でテントウムシの位置がズレてしまったら悲しいなと思ったのですが、縦方向には伸びていなかったのでセーフでした。

このベストはリバーシブルです。
ファーのみではシンプルすぎたので、テントウムシのタグを付けました。
どうやら最近、私の中でテントウムシがブームみたいです。
点がやたらたくさんあるテントウムシは苦手なのですが…。←どうでも良い。

テントウムシのモコモコベストB面

縫い方はhasami*worksさんの記事を参考にしました。
返し口からひっくり返して、ベストがほぼ全て縫い合わされている状態を見た時には、おぉ~!!と感動してしまいました。

今までニットソーイングを何となく難しそうと敬遠してきましたが、やってみたら布帛とそんなに変わる所はありませんでした。
食わず嫌いはいけませんね。
せっかくニット用の針と糸を購入したので、今後もちょこちょこ作ってみたいです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

エプロンでお手伝いロボに変身!

エプロンA面
パターン:“Haro*Beh” キッズエプロン M 100~110



作りためたモノは全て紹介し終えましたなんて書いてしまったのですが、1つ紹介し忘れていました。
私、抜けているんです。とんでもなく。

エプロンと三角巾のセットを入園グッズとして作っていました。
結局引っ越しに伴って入園する幼稚園が変わってしまったので必要無くなってしまい、これは家で使用しています。

リンゴの生地は割と厚手のオックスで、赤の水玉は薄手のブロードです。
このエプロンと三角巾は、どちらもリバーシブルなので、色々コーディネートが楽しめます。


エプロンB面


もう、かなり使いこんでいるので、くしゃくしゃでスミマセン。

このエプロンを着用すると娘のスイッチが入るらしく、えらくお手伝いをしてくれる様になります。
頼まなくても家中のカーテンを閉めて電気を点けてくれたり、ご飯を研いでくれたり。
エプロンの思わぬ効能でした。
ありがたや。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

テントウムシのWORKエプロンKIDS

WORKエプロン後ろ姿
生地:sora 新潟産先染めコットンダンガリー
パターン:amie poche WORKエプロン




大人用に引き続き、子ども用のWORKエプロンを作りました。
写真を撮ろうと用意していたら、子どもがさっさと着てしまいましたので、今回は趣向を変えて着用画像でご紹介します。

薄手の生地で作ると「いかにもエプロン」になってしまう事を大人用を作った時に学習していたので、子ども用は中厚の生地で作りました。
サロペットスカート風に使いたかったのです。
今回は、私にしては装飾を頑張ってみました。

まず、後ろポケット。

後ろポケット

閂止めとボタン付け糸を赤にし、サイドにタグを挟みました。
テントウムシのタグはPres-deさんのものです。
やっぱりタグをつけるとハンドメイド臭さが抜けて良いですね。

何故か後ろ姿を先に紹介してしまいました。
満を持してモデルさんに正面を向いて頂きましょう。どうぞ!

WORKエプロンKIDS

何故かドヤ顔です。
サイズはMで、娘の身長は現在101㎝です。
着丈はストラップで多少調節出来るし、身幅には結構余裕があるので、長く着られそうです。

このエプロンのポイントは何と言ってもこの大きなポケット。

前ポケット

こちらにもテントウムシのタグを付けました。
後ろポケット同様pres-deさんのタグです。

ステッチをデニム用の太番手の糸ですれば、もっと雰囲気が出たと思います。
が、グニャグニャステッチをさらすのが怖くて同色の糸に逃げました。
ヘタレな母でゴメンよ、娘。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
08 09
プロフィール

mikanoha

Author:mikanoha
2008年5月生まれの女の子の母親です。
ハンドメイドにハマっています。
踊る埴輪LOVE♪
足跡代わりにでも、
お気軽にコメントください。

完成作品のお求め先
完成作品はこちらの2店舗にてお求め頂けます。

ハンドメイド リバティ雑貨 ミカンの葉 SHOP

委託先SHOP→ cheap light
石川県のナチュラル雑貨と木のおもちゃのお店です♪
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。