スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャザーポケットワンピース

ギャザーポケットワンピース
生地:cadeauya リトアニア製コットンリネン 黒
パターン:Maille ギャザーポケットワンピース




ナチュラル系お洒落洋裁blogを読んでいると、必ずといって良い程、目にするパターン屋さんがあった。
このパターンいいなーと思って調べてみると「またこのお店か!」という事が度々あった。
そのお店が「Maille」さん。
ナチュラルだけど素朴過ぎず、さりげなくヒネリが効いている所がツボだった。

いつものごとく1週間くらい、どのパターンにするか、本当に作れるのか、作っても着るのか、散々自問自答した挙句、「ギャザーポケットワンピース」のパターンをついに購入。
入金確認や発送が迅速で、これは信頼できるお店だなーと思っていたのですが、残念な事に、その後にトラブルが発覚してしまったのです。

何日かパターンを寝かせた後、重い腰を上げてチョキチョキ切り抜き、メンディングテープで貼り付けていて気が付いた。
送られて来たパターンは「ギャザーポケットワンピース」ではなく「サイドギャザーワンピース」ではありませんか!
しかし私も何故切り抜く前に気が付かない?

とりあえず気付いた時点ですぐにMailleさんにメールで事情を説明し、今後どうしたら良いかご相談。
すると店主さんから帰って来た答え(の要約)が…

大変申し訳ございませんでした。
ギャザーポケットワンピースの型紙を速達メール便ですぐに配送します。
サイドギャザーワンピースの型紙は差し上げますので良かったら作ってみて下さい。


おぉー!何かむしろ得した気分♪
しかも後日届いたギャザーポケットワンピースの型紙には本来別料金の仕様書も同封されていました。

こういったトラブル時の対応に、お店の地力とか本性が出る気がします。
私は今回のMailleさんの対応にはとても満足していますし、むしろお店への好感度はUPしました。
パターン自体のデザイン性も含め、かなりおススメのショップさんです。


で、後日仕切り直して作ってみた訳です。
今回使用した布は、リトアニアのコットンリネン。
ハリ感シャリ感が強め、だけどチクチク感は無く、触った感じはピュアリネンと遜色無しで、アイロンも効きまくり、布目がビシッっとしているので裁断も楽々。
こりゃぁ楽勝かも!
なーんて油断していたら、あっさり裏切られました。
裁断後、ポケットを作ろうとして気が付いたのです。

布の裏表が分からない…。

しばらくショックで固まりました…が、裏表が分からないという事は、裏を表にしちゃおうが、またはその反対にしちゃおうがOKなのでは?
そもそもこれは私の服なんだから、とりあえず本人が良しとするならOKっしょ?
という訳で、目を皿の様にして、なんとなーくこっちが綺麗っぽい気がしなくもなくもないからこっちが表クサい、とかいう感じで縫い合わせて行きました。
いいのだろうか…?良くないですね。正解は裁断時に印を付けておく事でしょう。

でもそこで腹をくくってしまってからはサクサクと進み、初めてのギャザー寄せにドキドキはしたものの、案外あっさりクリア出来、縫製は1日で終える事が出来ました。
…嘘です。出来ませんでした。

襟ぐりの始末は、バイアステープで見返しのように裏へ返して、ステッチで押さえる様に指示があったにもかかわらず、前回作ったギャザーキャミでバイアス処理したから、もう分かってるもんねーとロクロク仕様書も読まずに縫ったもので、挟み込んでステッチをかけてしまったのです。
袖ぐりも同様な始末をする様になっていたのですが、そちらはたまたまきちんと仕様書を読んだ為に、間違えずに出来ました。
というか、袖ぐりをバイアス処理した時点で、何で襟ぐりだけ違うんだ?と思って仕様書を読み返してみて間違いに気づいたのでした。

とりあえず襟ぐりはそのままにして、裾を三つ折り処理して完成させちゃったのですが、またもや登場、A型気質。
首の間違っちゃったバイアス処理が気になっちゃって気になっちゃって仕方無い。
ってアナタ、布の裏表がごちゃごちゃなのはイイんかい?
とツッコみたくなりますが、そこはイイんです。自分じゃあ、もはや解決出来ない事だから。
で、お得意のアレです。1晩考えた挙句、ほどいて仕様書の指示通りに縫い直しました。
お蔭で首回りがちょっとヨレてしまいましたが、洗ったら落ち着きました。

挟み込みのバイアス処理でも全然問題無いんですけどね。着用する上では。
でも「何か違うんだよなー」と納得がいかないまま着るのは嫌だったので、ちゃんと直しました。
裏に返してステッチをかけた方がすっきりとして大人っぽい仕上りになる気がします。

お蔭でこのワンピースもかなりヘビロテしています。
重ねて着るタイプなので、季節を問わずに活用出来る所も良いです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

リネンの綾織には気をつけろ

かんたんすっきりギャザーパンツ
生地:ソレイユ フレンチリネンツイル アイアンブルー
パターン:polka drops かんたんすっきりギャザーパンツ




調子に乗って初めて作ったお洋服が、巷のブログその他で「ソーイング初心者でも簡単に作れて、しかも使える!」と大評判の「かんたんすっきりギャザーパンツ」。
しかし、このパンツ、作ってみたらあらビックリ!
当時の私にとってはかなーりハードルの高い物だったのです。

いや、正確にいえば、パターン自体は脇の縫い合わせが省略されていたり、仕様書が丁寧だったりと、かなり初心者に至れり尽くせり。
では、何故ハードルが上がってしまったのか?

それは布選びを誤ったから(←懲りないヤツ)。

使用した布はこれまた評判の高いソレイユさんのフレンチリネンツイル。
「仕立て映えする」という売り文句に惹かれて購入したのでした。
評判にたがわず、ふっくらとしたチクチク感の一切無い優しい手触り。
色も何とも言えない深い紺色。
素敵なんです、本当に!!

しかし、ツイル(綾織)の何たるかも知らなかった当時の私。
いざ裁断しようとしてみてビックリ!
布目がフニフニウヨウヨ動いて、印も満足に引けないではありませんか(当時はチャコペーパーとルレットで出来上がり線と縫い代線をきっちり布に書いていた)。
それでもどうにかこうにか印をつけ終わり、いざ裁断…と思ったら、またもや布のフニフニが災いし、どうにもこうにも真っ直ぐに裁断できません。
当然縫い目もグニャグニャで、挙句の果てに裁断時に「わ」にした部分がずれてしまっていたらしく、左右パンツの股上の長さが違っていたという始末。
しかもそれに気づいたのがパンツをほぼ縫い終えた時!
素敵な布とここまでの労力を無駄にしたくない一心で、短い方の長さに股上を切りそろえ、どうにかこうにかだましだまし縫い上げました。

そんな難産の末に生まれたギャザーパンツ。
結局の所、無茶苦茶愛用しております。
リネンの割にハリ感が無い生地なので、素直にストンと落ちてくれて、着用するとかなりいい感じなのです。
とどのつまり、布選びの目に狂いは無かった模様。
作者の腕さえ伴っていれば問題無かったという訳でありました。お粗末。

しかしこの後、リネンのヘリンボーン(綾織の一種)の生地を買ってしまい、またもや四苦八苦する羽目になろうとは…。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

mikanoha

Author:mikanoha
2008年5月生まれの女の子の母親です。
ハンドメイドにハマっています。
踊る埴輪LOVE♪
足跡代わりにでも、
お気軽にコメントください。

完成作品のお求め先
完成作品はこちらの2店舗にてお求め頂けます。

ハンドメイド リバティ雑貨 ミカンの葉 SHOP

委託先SHOP→ cheap light
石川県のナチュラル雑貨と木のおもちゃのお店です♪
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。