スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライングキャップを被せてみた

フライングキャップ着画



テントウムシのフライングキャップの着画が撮れました。

今測ってみたところ、娘の頭囲は50cm弱。
90パーセント縮小したパターン(周囲54cm)で、サイズはピッタリでした。
来年はひょっとしたら厳しいかなーくらいのピッタリ感です。
やはりウチのプーと娘の頭は同じサイズの様です。


テントウムシ三部作着画

今までに作ったテントウムシシリーズ(フライングキャップ・ファースヌード・モコモコベスト・WORKエプロン)を全て着用してみました。
うん。なかなか良い感じです。
ファースヌードを無地にしてベストをテントウムシ側にしてもOKでした。


では最後に、お待ちかねの(?)全身テントウムシバージョンをどうぞ!

オールテントウムシ着画

あれ~?思ったより、かなりまともだなぁ。
これしきではご近所の注目の的にはなれなそうです。無念。
↑むしろ喜べ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テントウムシのフライングキャップ

フライングキャップを被るプー
パターン:ぬいものちくたく フライングキャップ(無料配信)



モコモコベストファースヌードに続いてテントウムシ3部作、いよいよ最終章です。
フライングキャップが完成しました。

今回使用したパターンは、内側にボリュームのあるボアを使う事を前提として作られた物だったので、今回は90パーセント縮小して作成しました。
ポンポンは直径16cmの円に綿を詰めて作りました。
何故16cmなのかというと、ウチにあった手頃な皿のサイズがそれだったからです。
深い意味はありません。


フライングキャップを被るプー後ろ

後ろから見るとこんな感じです。
私はこの手のポンポンを見ると、どうしてもポフポフと触りたい衝動に駆られます。
魅惑のポンポン。

しかし、びっくり。
娘が不在だったので代理のプー(何故呼び捨て?)に被せてみたのですが、驚くくらいにピッタリフィットだったのです。
プー用の帽子を作ったのかと錯覚するぐらい、それはそれは見事なジャストサイズ。
お前さん、背の高さは全然違うけど、頭のサイズは娘と一緒だったのか…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

娘とコラボのメッセージカード

メッセージカード



先日作った動物マトリョーシカの布シールを使って娘とコラボした作品がめでたく完成しました。
学年末に幼稚園の担任の先生にお渡しするメッセージカードです。
年少組は担任の先生が各クラス2人ずつなので、メッセージカードは2枚あります。

動物マトリョーシカ柄の布もピンクのドット柄の布も幼稚園グッズに使用したモノなので、数年後に見返した時、思い出すきっかけにしてもらえるかな…と思って使ってみました。


メッセージカード裏

先生の名前と自分の名前、先生の似顔絵と太陽のイラストは娘作です。
結構ノリノリで、丁寧に描いたり書いたりしてくれました。

そんな娘とは対照的に、私は悪筆なので、この手のモノを書くのが本当に本当に苦手。
なので、1週間前この台紙を渡された時点でもうそわそわドキドキ。
回収日は12月5日と、まだまだ先なのですが、心臓に悪いので早々に仕上げました。
みんな、凝りに凝った入魂の一作を持ってくるのかなぁ?
うー、完成したら完成したで、またドキドキだわ。
小心者は辛いっす。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

リバティ布を¥1000バイヤーズ

Poppy&DaisyとCimarron



連休中にリバティのカットクロスを2種類購入しました。
Poppy&DaisyとCimarronです。

んー、どっちも可愛い♪
Poppy&Daisyは色遣いが完全にツボ(どうやら最近、黄色と緑の合わせ技に弱い。)だし、Cimarronの細かくてパキッとした色遣いは小物にしたら映えそうです。

とは言っても、使用目的は特にありません。
買った布は確実に仕立てるをモットーに、在庫布が無いのが取り柄だったというのに、リバティに関しては完全に布そのものを愛でる方向にいってしまっています。


リバティカットクロスたち

こうして無傷のリバティ布がじわじわと増殖しているのです。
そして来月には予約していたリバティ達も届くという…。

まぁ1000円そこそこでこんなにハッピーになれるなら良いではありませんか。←塵も積もれば…。
娘がクリスマス前だというのにばぁばからスマイルプリキュアのスマイルパクトをゲットしようと、旦那が創業祭でごった返しているユニクロでいつまでたっても買うものを決められなくても、終始ニコニコです。
そう。これは1人で勝手にZIPの「¥1000バイヤーズ」なのです。
今、ハッピーですよー♪



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

森のクリスマスリース

森のクリスマスリース



街を歩けば、どこに行ってもクリスマス一色ですね。
セリアで理想通りにまんまるいリース台を見つけたので、嬉しくなって買ってきました。
ショッピングモールの浮かれたクリスマスグッズ達に感化されて、コレを使ってウチでもクリスマスっぽい物をいっちょ作ってみるかと思い立った訳なのですが、いざ作ってみたら全然違う方向へ…。

最初はリバティで小さなポンポンを作って可愛い感じにしようと思っていたのですが、ポプリポットに入りきらずにクローゼットの奥底に放置されていたハンパな量のポプリの存在を思い出したのが運のつき。
娘が公園で拾ってきた小さな松ぼっくりと、近所のフェンスに絡まっていた実のついた蔓(調べてみたらヘクソカズラというらしい。スゴイ名前だなぁ。)をコラボさせてみたら、クリスマスの浮かれモードとは正反対のしっとり大人な趣に。


森のクリスマスリース左

でもホラ、よ~く目を凝らして見てみて下さい。
オレンジっぽい実とモト緑っぽかった葉っぱで、実は微妙にクリスマスカラーなんです!
…って、今気づきました。汗


冬のリース右

しかし、この手の装飾は引き際が難しいです。
作っていると段々感覚がマヒしてきて、どんどん盛ってしまいたくなる衝動にかられます。
シンプルとすかすか、ゴージャスと悪趣味の境目は紙一重。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

動物マトリョーシカの布シール

動物マトリョーシカの布シール



最近、洗濯機を買い替えたんです。
10年物の初代洗濯機がめでたく(?)壊れまして。
散々迷ったのですが、スペース、性能、費用、メンテナンスを考えあわせた結果、あこがれのドラム式ではなくスリムタイプの縦型を購入しました。

そんな経緯で、勝手の分からぬ最新ハイテクマシーンが我が家にやってきたのです。
ピコピコボタンがいっぱいあるし、洗濯槽を毎回洗浄してくれたり、洗剤を入れなくても除菌消臭してくれるモードがあったり、花粉除去モードもあったり、完全乾燥まで出来るらしいし、洗いあがりにお洋服が全くからんでいなかったり、もちろん肝心な洗浄力はパワフルだし、だけど音は心配になるくらい静かだし…。
洗濯機はこの10年でえらく進化していたのですね。

そんな訳で私は新洗濯機様に敬意と恐れみたいなモノを抱いていたのです。
私なんぞがハイテク洗濯機様に無駄に手を触れてはいけない…みたいな。

で、ここからが前振りの本題です(いつもに増して長いな、おい。)
この洗濯機、洗剤の投入口が洗濯槽の上部に直接くっついているので、ロシアンルーレットよろしく毎回毎回位置が変わっているのです。
手前側に来ている時は問題無いのですが、奥側に行ってしまっている時は洗剤が入れづらくて入れづらくて。
奥側の時は「ちっ!今日はハズレか。」と思いながら、洗剤スプーンを縦にしたり斜めにしたりしながら超絶テクニックで洗剤を投入していたのです。

でもね、今日気づいてしまったの。
洗濯槽って手動で回せるのね。
奥側に投入口が行っちゃってたら、くるくるっと回せば入れやすい場所に持ってこられるのね。

あぁ、アホだ。何が超絶テクニックよ、私。
朝から全力で脱力です。
でも明日から洗剤の投入口ロシアンルーレットに一喜一憂する必要はありません。やれやれ。


閑話休題。
娘の在宅中にミシンを出すのは、イライラの種を増やす自分の首を絞める行為に等しいので、フライングキャップ作りはひとまず保留です。
事情があって、幼稚園グッズに使用した動物マトリョーシカ柄のハギレを布シールに加工しました。

最初は嫌々やっていたのですが、次第にハマり出し、黙々と作業に没頭。
結局必要以上に作ってしまいました。
無念無想 無我無心の境地になれて、実に楽しかったです♪←大袈裟。座禅のつもりなのか?

これを使って、今度は親子で合作しなければならないのですが、果たして上手くいくでしょうか?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

フライングキャップの裁断完了

フライングキャップの裁断終了



フライングキャップの裁断をし終えました。

しかしファーの裁断が、回を追うごとに大胆になっています。
今回は
「最後にコロコロかければOKでしょ!」
とばかりに、ロータリーカッターでずさぁ!っと一気に裁断しました。

が、プードルファーやバンビファーの様な毛足が長いファーと違ってこのファーは始末が良いので、切り端から多少もけもけは落ちますが、それをコロコロでとってしまうと後は何という事もありません。
床も空気もキレイなままです(元がアレなのでキレイと言ってしまうと微妙ですが…。汗)

マスク着用でドキドキしながらハサミでちびちびと裁断していたあの頃の初々しい私よ何処へ?
「人間は学習する生き物」なのですね。

…「オバちゃんは楽な方に流れる生き物」って脳内変換した人、挙手!!



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

フライングキャップのパターン比較

フライングキャップの型紙



フライングキャップの無料配信パターンを2つダウンロードしてみました。
どちらも頭位54cmサイズにそれぞれ拡大縮小してあります。

最初はクラウンが4枚はぎのAパターンにしようと思っていたのですが、いざ裁断しようと耳あて部分を布に置いてみて、悩みのドツボにハマってしまったのです。
このテントウムシの布、ボーダー柄だし大柄で主張が強いので、耳あて部分のテントウムシが斜めになってしまうのがどうしても気になって気になって。
だからといってそちらをまっすぐにすると、今度は正面の部分のテントウムシが斜めになってしまいます。

そこで急遽Bパターンをダウンロードしました。
こちらのパターンはクラウンが6枚はぎでちょっと縫うのが大変そうなのですが、耳あて部分の問題は見事に解消されています。
よし。今回はBパターンの採用決定です!←偉そうだな、おい。

耳あて部分を切り替えられる無地の生地が手持ちにあったなら、Aパターンの方がハードルが低くて良かったのですが…。
フライングキャップのパターンも色々あって、結構面白いですね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ファースヌードを装着してみた

テントウムシのスヌードA面着画



テントウムシのファースヌードを装着してみました。
大きからず小さからず、ちょうど良いサイズ感。
仕上り寸法は縦13cm×横23cmくらいです。

個人的にお気に入りのファー側を表にしてみると…。

テントウムシのスヌードB面着画

娘いわく、こっちでも別にチクチクしないとの事。良かったー♪
制服にはこちら側の方がしっくりきます。

そして悪ノリしはじめて…。

スヌードの間違った使用法

スヌードといったらコレがお約束ですね。←そうなの?
この姿を見ていたら、お揃いで帽子が作りたくなってきました。
作りたいなーというだけで、実際に作るかどうかは未定ですが。
ベストとスヌードと帽子、全部テントウムシ側にして着ていたら、きっとウチの子はご近所の注目の的♪ウフ。
↑好奇の視線が痛かろうて。
…いや、3つそろったら確実に1回は全部セットで着せてみると思うけど、その恰好で外出はさせませんよ。
おそらく



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テントウムシのファースヌード

テントウムシのファースヌードA面



ここ最近、自転車の雨よけカバーが、朝見てみるとほぼ100パーセントの確率で外れています。
重しに大き目の石を乗っけてみてもダメ。
チェーンキーで車体とカバーをくくってみてもダメ。
下を洗濯バサミでとめてもダメ。
毎日ご丁寧にプリンセス天功並みの脱出イリュージョンを見せてくれる魔性の自転車。
…こりゃ、アレだな。生きてるね、自転車。

モコモコベストの残り生地でこども用のファースヌードを作りました。
大きさは縫い代こみで縦15cm×横50cmです。

最初はファーマフラーを作ろうと思って型紙まで作ってみたのですが、ファーの毛並を縦方向にとるべきか横方向にとるべきか、もしくは半分で方向を逆にして接ぐべきなのか?
ジャガードニットのテントウムシの向きは…(以下同文)。
もう禿げ上がるくらいに悩みに悩み、泥沼にハマってしまったのです。

結局散々悩んだにもかかわらず結論は出ず、考えるのも面倒くさくなったのでスヌードに鞍替えしました。
スヌードなら柄や毛並の向きは明白です。素晴らしい!

今回初めてミシンの「直線状伸縮縫い」機能を使ってみました。
お蔭で多少横に伸ばしてもミシン糸がブチブチッといく気配はありません。

モコモコベスト同様、スヌードも一応リバーシブル仕様です。

テントウムシのファースヌードB面

私はこちら側の雰囲気も結構好きだったりします。
…が、ジャガード面が肌にあたると痒いとか言って嫌がる可能性が高いので、せっかくタグをつけておめかししたものの、こちらを表にして使う事は無いかもしれません。残念。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Felicite(ブルー)の花ピンクッション

Felicite(ブルー)の花ピンクッション



ピンクッション第2段。
Felicite(ブルー)の花ピンクッションです。

前回の反省を生かして、返し口をきっちり3cmとったので、作業がかなり楽に出来ました。
しかしまたもや痛恨のミス!
つけようと思って用意しておいた麻ひもを、ミシン縫いする際にうっかり縫い忘れてしまったのです。
そりゃそうだ。私にノーミスはあり得ない。←ロクでもない事に自信満々。
仕方ないので返し口にひもを縫い込み、何とか完成させました。
お蔭でまつり縫いが面倒くさくなってしまいました。自業自得です。

今回は何となく気分で8分割にしてみました。
さすがに8つに分けるとなると糸の長さがハンパじゃありません。
約1mを2本取りしたので計2m。
途中で絡んだり変なタコ結びが出来たりしないかとヒヤヒヤしながら縫いました。

さて、何故麻ひもを付けたのかというと、クリスマスシーズンだからオーナメントとして使えるかも…では無く、こうやって使いたかったからです。

ミシンとFelicite花ピンクッション

ミシンで縫っている時にピンクッションを用意し忘れ、使用済みのまち針の置き場に困る事がかなり頻繁にあるもので、ミシンにくっつけておけるピンクッションが欲しかったのです。
うん。これは良いです。
目につく場所にリバティ小物があると、縫いモチもUPしそう。

そういう訳で最初に作ったMargaret Annieの方は手縫いする時のピンクッションに、こっちはミシン専用のピンクッションにしようと思います。
…って、もう1個分裁断しちゃったんだったな。うわぁ、中途半端!
さて、どうしましょう?
やっぱりうさぎ様の台座か?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Margaret Annieの花ピンクッション

Margaret Annieの花ピンクッション
作り方:Cats and Nap 花ピンクッション 作り方とコツ


1つ目が完成しました。
Margaret Annieのピンクッションです。

軽~い気持ちで作ってみたのですが、思いの外苦戦しました。
まず、ミシンで小さな円を縫うのが難しい。
円をキレイに縫う事に集中するあまり、返し口を小さく作りすぎてしまい、どんでん返しするのに苦労する。
そして返し口が小さい事によって、綿を入れるのも大変。
元々コーヒーかすの再利用が制作目的だったのに、綿に包んで入れようとしたら返し口から入らない。
無理やり入れたら思いっきりコーヒーかすが綿からもれてテーブルやら床やらに散らばる。
…と、散々。

でも、Margaret Annieとリトアニアリネンの相性がピッタリで、初めて作ったにしてはまずまずな出来でした。
もうちょい綿をパンパンに詰めても可愛かったのかな?


実は完成したピンクッションを見ていてピンと閃いたんです。
こいつの定位置は裁縫箱の中じゃないなって。
んじゃ、置かれるべき位置は何処かというと、それは…。

ウサギの台座A面

うさぐるみの下
台座に鎮座すると、うさぎ様が何とも神々しい。
おもわず拝みそうになってしまいます。

ちなみに…

ウサギの台座B面

台座として使用するなら、案外裏返してもすっきりしていてイイ感じです。
↑裏でも表でもどうでも良いわ!

あと2つ分勢いで裁断してしまったけど、どうしようかなぁ?
ピンクッションなんて1つあれば十分だよな。アホだ、私。
うさぎ様の台座もあと1つあれば足りるし。←え、もはや台座目的!?
うー、むしろ悩み増やしてテンションアガらず。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

まぁるいリバティ3種

丸い布たち



さて、この丸い直径10cmの布たちは一体何になるのでしょうか?

ポンチョを作り終えて、お裁縫に関して燃え尽き症候群気味になってしまいました。
気分は真っ白な矢吹ジョー。

そんな訳で(どんな訳よ!?)前から作ろうと思っていた小物に挑戦する事にしました。
気分をアゲるために、試作もせずにリバティ布でトライです。
しかも何を思ったかいきなり3つ。
これが吉と出るか凶と出るか?

…そういえばFelicite戦隊ウサレンジャー計画はどうなった?
うっかり青レンジャー用の布、丸く切り抜いちゃったよ。うはは。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

北欧風グレーチェックのウールポンチョ

チェック柄ポンチョ床置き
生地:Latka(ラトカ) ウール混 ライトグレーチェック
パターン:アンクローズ 簡単手作りフードポンチョ




紅葉真っ盛りの山形蔵王から帰ってきました。
洗ってもまだなおデニムから硫黄臭がします。
実に強力です。
美肌効果を狙って顔にパシャッと温泉水をかけたら、目にビリビリとしみてえらい事になりました。
↑娘でもそんな事しなかったというのに、とんだ馬鹿母。
それくらい強力なのです。
これだけ色々強力なら、きっと効果も強力に違いありません。
さぁ、出てこい、効果!←?


さて、話を本題に移しましょう。ポンチョについてです。
本当はCocoBorn JOURNALさんの「フード付き簡単ポンチョコート」を作ろうとしてこのチェックの生地を購入したのですが、思っていたよりもかなりしっかりとしていて、150cmの生地を全部使ってポンチョにしたらとても重くて着ていられないだろうという事が判明。
そこで用尺少な目でコンパクトなアンクローズさんの「簡単手作りフードポンチョ」のパターンを使用して作る事にしました。


チェック柄ポンチョハンガー

前開きは2.1cmのスナップボタン4つでとめる仕様にしました。
大きな水牛のトグルボタンは、のっぺりと見えない様にする為の飾りです。
前身頃と袖の間に腕を出す為のベンツがあるのですが、使用しない時にパカパカと開くのが気になったので、1cm程度の小さなスナップボタンをつけて閉じられる様にしました。


チェック柄ポンチョ内側

布端は全てバイアステープでパイピング処理しました。
実はこのチェックの布、メルトン生地というものなのでしょうか?
分厚いフェルトの様な生地なので、切りっ放しでもほつれてこないのです。
なので、本当はパイピング処理をする必要は無かったのですが、見た目が良いというただそれだけの理由で頑張りました。
裾も全て手まつりなので、このポンチョは色々と「無駄に」手がかかっています。


チェック柄ポンチョうしろ

初公開の後ろから見た図です。
フードが立体的なので、後ろや横から見た感じが可愛くて気に入っています。
後ろ側も柄合わせが奇跡的に成功しました。
これも全て虹のパワーのお蔭です。ありがたや。

さて、最後に着画ですが、これは追記にてひっそりと。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Continue Reading

ポンチョのひもを調整した

ボタンのひもを調整した



やっぱりひもが長すぎた様です。
短く縫い直したら、しっくりきました。
やっぱり妥協しなくて良かった…。
これでチェック柄ポンチョ、完成です。

温泉旅行に間に合って良かったなぁ。
(この日記を書いているのは10日(土)。旅行は11日(日)~12日(月)の予定。)
って実はこの旅行のために、ポンチョを作っていたのでした。
では、ちょっと山形蔵王まで行って来ます♪
ジンギスカン食べるぞー!

あー、ポンチョに掛かりっきりで全然準備してないや。
お腹の準備だけは万端ですが。
という訳で、使用パターンや感想等は帰ってきたら書こうと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

チェック柄ポンチョ完成(仮)

トグルボタンがついた



チェック柄のポンチョが「とりあえず」完成しました。

トグルボタンってこんな感じで良いのでしょうか?
イマイチ自信が無いので、「とりあえず」完成で、タイトルにも(仮)がついているのです。

もっとピンとさせた方が良いのかな?
何となくタラーンとしていて、イマイチな気がします。
紐が長すぎるのかもしれません。
もしくは使用した革ひもが柔らか過ぎなのかも。
やっぱり麻ひもに変更しようかなぁ?

どっちみちスナップボタンでとめる仕様なので、トグルボタンに実用性はあまり無いのですが…。
もうちょっと悩んでみようと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ポンチョの裾を手まつりした

まつりの後



うーん。いよいよポンチョらしくなってきましたね。
裾と見返しを全て手まつりし終えました。

最初は裾も見返しもミシンで縫う気満々だったのです。
仕様書にもそう指定されていたし。
ところが実際に縫ってみたら…チェックのラインがあるために、ちょっとでも縫い目が曲がると、それがえらく目立つのです。
何度か縫い直してみたのですが、段々面倒臭くなってきて、結局リッパーを持ち出し、ミシンで縫った縫い目を全て解いてしまいました。

で、あらためて手まつりで裾上げしていったのです。
そして出会った新たなる性癖。
どうやら私、手まつりフェチみたいです。←またかよ。
縫っても縫っても縫っても…表に縫い目が見えてなーい♪ニヤリ。…みたいな。
ヤケに楽しい気分で全てを縫い終えました。

布端はパイピング始末で、裾は手まつりだなんて、ちょっとお高めのコートみたいで悪くないです。
さて、明日はボタンをつけて、仕上げます。
トグルボタンつけに挑戦です。
端革は上手に活用できるでしょうか?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ポンチョの柄合わせが成功したキセキ

全部のパーツがくっついた



ポンチョの全てのパーツが無事にくっつきました。
パイピングも終了です。

んでもって、大変です。
最近立て続けに虹を見たので何かイイ事がありそうだと思っていたのですが、たぶんコレです。
うっかり者の私に奇跡が起きました。
柄合わせが、珍しく大ハズレ無しでいけたみたいなのです。恐らく。

ちょっと不恰好ですが、あえてフードの上側を折り曲げているのは、
「ほら、見てみて。フードと前身頃の柄もキッチリ合ってるのよ♪」
という事をアピールしたかったからです。

…いや、正直に言いましょう。
見栄を張ると大抵後々ロクでも無い事になるのがオチですから。
ええとですね、フードと前中心の柄がピシッと合っていたのは、ズバリ偶然です!
もう1つ言うと、前中心の柄が左右前身頃を合わせた時にビシッと合っていたのも、ズバリ偶然です!

あれ程柄合わせが大変だ大変だとブーブー言っていたのにお前は一体どこを合わせてたんだよ!と思われるでしょう。
当然です。ツッコミ、甘受致します。

パーツの中央にチェックの中央が来る様にとか、縫い合わせた時にチェックの線が揃うようにとか、一応考えた様な気もするのですが、ダーツは入るし曲線もあるしで、結局のところ訳わかんなくなっちゃったんです。あははー。

いやー、ホント虹のパワーってスゴイですね。ありがたや。←え、そんなオチ?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

怒涛のパイピング ほぼ完了

前身頃のパイピング完了



朝イチでホーマックの手芸コーナーに行き(手芸屋さんじゃないのが悲しい)、グレーのミシン糸を無事に入手して参りました。
順調に前身頃のパイピングまで完了です。

で、気づきました。
私どうやらパイピングフェチみたいです。
パイピング処理された布端の雰囲気、たまりません。
布端をバイアステープで包んでいくのも、そんなに苦ではありません。
曲線部分が綺麗に決まると、ニタリと微笑みます。←怖い。

あ、でもでも、あくまで好きなだけです。
決して仕上りが美しい訳でも、作業自体が得意な訳でもありません。
純粋にパイピングが好きなだけ。

それを人は「下手の横好き」と言うらしい。ち。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ポンチョの後身頃と袖がくっついた

後身頃と袖がくっついた



後身頃と袖がくっつきました。
肩の部分にタックが入っているので、着ると納まりが良さそうです。

今日中に裾のパイピングまで仕上げてしまおうと目論んでいたのですが、在庫のグレーの糸が無くなってしまいました。
痛恨の縫いズレで長い直線を縫い直したのが響きました。
仕方が無いので縫い目が見えなくなる部分は生成の糸で縫っていったのですが、それも全て終えてしまいました。
続きは糸を入手してからです。

しかし3日前に手芸屋さんに行ってきたばかりだというのに、何故使うかどうか怪しい刺繍糸を買って、確実に使うグレーのミシン糸を買わなかったのか?
足りない事は分かりきっていたというのに!
ホントに間が抜けてるなぁ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

チェック柄ポンチョのフードが出来た

ポンチョのフード



ポンチョのフードが出来ました。
何となく嬉しくて、フード部分だけを何回も被っています。
完全な浮かれポンチです。

バイアステープの色も、かなりしっくり来ていて、イイ感じです。
布端をパイピング処理するのは手間がかかりますが、その分見栄えがグンとレベルUPする事が分かったので、今回は出来るだけ(アレ?)頑張ってみたいと思います。

チェックのウール混生地は厚さが2mmあるので、6枚重ねになる部分は針が折れたりしないかとヒヤヒヤしながら縫い進めたのですが、案外あっさり縫う事が出来ました。
とっても針通りの良い、お利口さんです。
この生地はフェルト状になっているので、裁ち目がほつれて来ない所もお気に入りです。

さて、次はいよいよ本体側に取り掛かるぞー!



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

お庭に白文鳥がやってきた…?

白文鳥のペーパークラフト
型紙:丸文堂 文鳥ペーパークラフト・フリー素材



丸文堂さんの文鳥ペーパークラフトから、「まるぶんちょう 白」を作りました。

いつもの通りペラペラのコピー用紙で作ったのですが、型紙が洗練されていて作り方に無駄が無いので、安定感のある、まるっとした形状に仕上げる事が出来ました。
ちょっと丈夫な紙風船みたいな感じです。

しかし、この子は本当にリアルで可愛い!
写真で見るとパッと見、本物の文鳥みたいです。
特に下から見上げてくる、つぶらな瞳がムチャクチャ愛らしいです。


白文鳥バックショット
↑まるっこさが際立つバックショットも好き♪



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

園スモック さらにカスタム

娘カスタム園スモック



ほんのりガーリーにカスタムした園スモックですが、金曜日に持ち帰ってきたらこうなっていました。
どうやら自分でもカスタムしたくなった様で、わざわざクレヨンでグリグリ描いてしまったのです。
たった1日で汚してくるとは…。とほほ。
まぁスモックはお洋服の汚れを防ぐ目的で着るものだからね。だけどさ…ぶちぶち。

ちなみにこの写真は洗濯後のものです。
洗う前はもっとかなりくっきりと青々していました。
クレヨンの汚れは落としにくいですよね。どうしたものか。

しかし何となくボタンや背中のタグと色合いが合っている辺り、なかなかやりますな、娘。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

チェック柄ポンチョの柄合わせ

ポンチョの裁断終了



ついに重い腰をあげて、ポンチョの裁断を終えました。

何故腰が重かったかというと、柄合わせが大変そうだったからです。
実際、とってもとっても面倒でした。
先染めではないのでチェックと地の目が合っていない所もあり、こちらを合わせればあちらが合わず、あちらを合わせると今度はそちらが合わず…みたいな。
そこそこ頑張ったつもりですが、それでもキチンと合っているか自信ありません。全くもって。

着るのは自分なのだから、ちょっとくらいズレていても気にしないわ。ドンマイ、私♪
…と思える大らかな心が欲しいです。
そんな大らかな心があろうと無かろうと、大抵どっかはズレちゃってるんだけど…。汗



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

C&S限定リバティを予約した

コスモスとうさぎ



駐車場にコスモスが咲いていたので、ちょっともらって来ました。
すっかり秋ですね。
今日の仙台の最高気温は13度です。

CHECK&STRIPEさんのリバティプリント限定柄予約販売についに手を出してしまいました。
ハマったら深手を負いそうなので、ギリギリ送料無料コースのコドモ買いです。
買ったのは初志貫徹でSleeping Roseのイエローと、意外なところでJenny's Ribbonsのピンク系です。
Patriciaのマルチ系は迷っている内にsold outになってしまいました。残念。

実は私、目的を決めずに布を購入するのは初めてなのです。
この子たちは一体何に形を変えてくれるのでしょうか?
ちょっと楽しみでもあったりします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ほんのりガーリーな園スモック

ガーリースモック


今日は幼稚園の願書提出日なのでお休みです。
娘が胸のボタンが取れたといってスモックを持ち帰って来たので、ついでにちょっとカスタムしてみました。

胸のボタンは写真では見辛いですが、Margaret Annieで作ったくるみボタンです。
クラスカラー(娘のクラスは藤色)をここにつける決まりなので、ちょうどピッタリな色だったお花部分をくり抜いて作りました。

後はポケットと名札の下に控え目なレースを手縫いでちくちく。
洗濯頻度を考えて、かなり頑丈に縫いつけました。
背中にはPres-deさんのタグ福袋に入っていたタグと、ちょこっと重ねてモチーフレースをつけました。

パッと見ノーマルスモックだけど、よーく見ると控え目に可愛い感じです。
しかし入園当初はスモックにレースをつけるとか考えもしなかったなぁ…。
私もちょっとは進化したのかもしれない。…いや、そうでもないかも。←どっちだよ!



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村



- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
プロフィール

mikanoha

Author:mikanoha
2008年5月生まれの女の子の母親です。
ハンドメイドにハマっています。
踊る埴輪LOVE♪
足跡代わりにでも、
お気軽にコメントください。

完成作品のお求め先
完成作品はこちらの2店舗にてお求め頂けます。

ハンドメイド リバティ雑貨 ミカンの葉 SHOP

委託先SHOP→ cheap light
石川県のナチュラル雑貨と木のおもちゃのお店です♪
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。