スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長ぁ~いバイアステープを作った

10mのバイアステープ
参考:長いバイアステープの作り方


非常に地味な絵ヅラになりそうだったのでリバティうさぐるみたちに出てきてもらいました。
主役は手前にドーンと写っているグレーのバイアステープです。
長さはなんと10mあります。

ポンチョ用の布を購入した時におまけで頂いた布で作りました。
薄手で張りがあってほつれにくい、まさにバイアステープを作る為に同梱されていたといっても過言ではない程の素晴らしい布でした。

ちなみにポンチョ用のウール布は、150cm頼んだのに、広げてみたら180cmもありました。
ダブルサイズのお布団とちょうど同じくらいの大きさです。
あまりに太っ腹なので、真剣に心配になってきました。
もしやコレ、別なお客さんに送るはずだった小包なのでは、と。
Latkaさん、布の裁断もまっすぐだし、表裏が分かりにくい布(今回のおまけ布)にはきちんと表側に目印のシールを貼ってくれるし、丁寧で迅速で太っ腹なスゴイお店でした。
どうもありがとうございます。

閑話休題。
なるべく継ぎを少なくしたいと考え、どかーんと80cm四方の風呂敷サイズの正方形からバイアスを作った浅はかな私。
線を引くのも大変だわ、切るのも大変だわで、えらいこっちゃな感じになりました。
それはもう、小学校なんかにある1m定規が割と本気で欲しくなっちゃう程度に。
せいぜい40cm四方程度で作れば良かったです。とほほ。

さて、何故10mもの長ぁ~いバイアステープを作ったのかというと、ポンチョの布端処理を今回はバイアステープでやってみようと考えたからなのでした。
型紙はもう届いているので、いつもの様にじわじわと作業を進めていこうと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フェルトのおままごとセット復活

フェルトで作るおままごとコレクション(10AW)
キット:生協 フェルトで作るおままごとコレクション(10AW)



お弁当の中身とデザートは全てフェルト小物ですが、最近作った物ではありません。
2年前に生協で購入した「フェルトで作るおままごとコレクション」というキットで作った物の一部です。
この写真に写っている物の他にもドーナツやらパンやら色々作りました。

作った当初は面白がって遊んでくれていたのですが、最近は目新しいおもちゃに夢中で見向きもされなくなっていました。
ところが今日ふと気がついたら、娘がおままごとセットを引っ張り出してきて、きっちりお弁当を詰めて、テーブルセッティングまでしていたのです。
一生懸命作った母としては、嬉しい限り。

箸置きが女体ブロックというのが何だかスゴイですが、形状としてはまさに打ってつけ。
お弁当の詰め方が隙間無くキチッとしていて、几帳面さを発揮しています。
デザートのプリンに添えられたクリームも、一昔前のウエディングケーキのごとくキレイに並べられていますね。

やっぱり2歳の時とはだいぶ違うなぁ。
成長したもんだなぁ。
なーんて目を細めて写真に収め、いそいそとblogにUPしてしまうとは、私もとんだ親バカです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

パタレ本フードコートを着せてみた

パタレ本フードコート着画いっぱい



パタレ本フードコートの着画が撮れました。
無駄にいっぱい撮ったので無駄にいっぱいUPしてみます。

娘の身長は現在103cm、体重は15.8kgです。
サイズは110で作りました。

パタレ本フードコート着画1

袖はちょっと長めですが、肩幅はほぼジャストです。
中に着込むゆとりはまだありますが、コートに着られている感は出ませんでした。
むしろスッキリと見えます。素晴らしい!
しかし、パタレ本のモデルさんは6歳で110のフードコートをゆとりを持って着ていましたが、娘は年長さんまで着られるかどうか怪しい気がします。
やっぱりモデルの子は細いんですね。

パタレ本フードコート着画2

後ろ姿はこんな感じです。
後ろから見た方が、ゆとりがある事が分かりやすいかもしれません。
背中のあたり、まだちょっとだぶついています。

ベルトのパイピングが、もさっと着ぶくれしがちなキルティングの後ろ姿を引き締めてくれます。
大人っぽくてカッコ良いです。
ちょっと高めの位置に着いているので、若干スタイルアップ効果もある様な。

フードは比較的大き目で、ちゃんと被れます。
寒い時や急に雪が降ってきた時など、さっとフードを被せられるのは実用的で良いです。
このキルティングの生地自体も、表地がシャツコールで結構しっかり厚手なので、よっぽど寒い日以外は中に着る物で調節すれば、このコートでもいける気がします。

これは使えそうです。
袖山のイセがちょっとギャザーになっちゃってたり、縫い目がガタガタだったりと、難点を挙げたらキリがありませんが、そんなこんなも全部ひっくるめて愛着ありまくりのお気に入りの一着となりました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

リバティの布巻きハンガー

リバティハンガー



リバティのリメイクパーカーを作った時に余ったFeliciteのバイアステープとハギレを使って針金ハンガーをリメイクしました。
先日のフードコートの写真に登場しているのですが、遠目なのでほとんど分かりません。

布の後ろに両面テープを貼って、テープの幅に細長くハサミで切り、ひたすらハンガーにねじねじ巻いていきました。
近くで見ると、こんな感じ。

リバティハンガーUP


Feliciteのこの色は、布で見た時はピンとこなかったのですが、面積が小さくなるとピンクや水色のポップな色遣いが映えてイイ感じです。
こういう所が布選びの面白さで、同時に難しさなんだなぁと思います。

布の摩擦でお洋服がずり落ちにくいので、見た目だけではなく実用性も良いです。


しかし、リバティといえばCHECK&STRIPEさんのリバティプリント限定柄予約販売。
Sleeping Roseのイエローが激しく欲しいのだけど、どうしたものか。
Patriciaのマルチ系も気になる…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

パタレ本のフードコート完成!!

パタレ本フードコートA面
生地:ノムラテーラー 楽天市場店 ecrulat シャツコールキルト(りぼん)
メートライン:結結工房 ウール 15×15mm(SIC-2302C)色番5
パイピングコード:RiBBONs 楽天市場店 ブライトパイピングテープ 9mm(SIC-507-9mm)色番30
パターン:『いちばんよくわかるパターンレーベルの子供服ソーイングLESSON BOOK』から フードコート




アメリカンホックをガンガンガンガン打ちつけたお蔭で、今でも手がジンジンしてします。
湯気が出るくらい出来立てホヤホヤ。
やっとこさ完成しました。
パタレ本のフードコートです。
実に長く辛い道程でした…が、出来上がってしまえばそんなのどうでも良いのです。
やほーい!ついに形になったぞー!!

このコートは後ろ姿が印象的です。

パタレ本フードコートB面


ベルトのパイピングが効いていて、着丈が長めなのも相まって、ちょっと大人っぽい雰囲気がします。
可愛いというよりはカッコいい感じ。
引き締まったイメージで、かなり好きなポイントです。

サイズ感など実際に娘に着せてみた感想は、まともな着画が撮れたら、あらためて記事にしたいと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Continue Reading

パタレ本のフードコート まだ作ってます

ジャケットの形になった!



パタレ本のフードコート、かなり形になってきました。
隙間時間を使って、じわじわと着実に作っています。
「ツルツルポリエステルのバイアステープを幅6mmで細っそいツルツルポリエステルの袖ぐりにミシン掛けするなんて、手芸っていうよりむしろ曲芸じゃないかっ!」
とか思いながら作っています。
もはや執念で作っているといっても過言ではありません。

最近めっきり寒くなってきたので、出来れば今週中に仕上げてしまいたいです。
が、娘は今週幼稚園をずっとお休みしているので、厳しいかもなぁ…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

あったかウール生地+α 到着

ウール混 ライトグレーチェック
生地:Latka(ラトカ) ウール混 ライトグレーチェック



ポンチョを作ろうと思って購入した生地が届きました。
水牛のトグルボタンもこの為に購入していたのでした。
思っていた通り、色合いが柔らかく、可愛いグレーです。
が、思っていたよりしっかりとした生地でちょっと重いのです。
布をそのまま使ったお手軽ポンチョに仕立てようと考えていたのですが、それじゃあ肩凝っちゃうかな?
もうちょいカッチリとした型紙のポンチョの方が良さそうな気がしてきました。
ちょっと考えてみようと思います。

そして、まさかのサプライズ。
同梱されていたのが、こちら。

オマケモリモリ

おそらく麻か綿にレーヨンかポリエステルか何かが混紡された生地…でしょうか?
(「晴れのち曇り、所により雨」みたいだな
薄手ですが、パリッとハリがあります。
ハギレというには大きい、110cm幅で85㎝ありました。

後はコードストッパー2つとマーブルボタンの小サイズが2つ、大サイズが4つ。

正直、オマケを頂ける程高額なお買いものでは無かったので、最初は別な方が注文した物が間違って同梱されてしまったのかと思いました。
「○円以上ご購入の方におまけプレゼント」とかサイトに全く書いて無いのに…っていうのが粋ですね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

キュービック トトロ

キュービックトトロ
パターン:Cubeecraft



娘が幼稚園をお休みすると増えて行くペーパークラフトシリーズです。

今回はトトロ。
何故トトロかというと、とっても簡単に出来そうだったからです。
のーんとした直方体の形状が、トトロの風貌にとても良くマッチしています。
例によってペラペラのコピー用紙で作成しましたが、予想通りあっさり完成しました。

せっかくなので、今までのペーパークラフトたちとの集合写真を。

ちっちゃいもの倶楽部集合写真

ちょっと異変があるのにお気付きの方はいらっしゃるでしょうか?
実はアンパンマン、かなり短足になりました。
(スタイルが良かった頃のアンパンマンはこちら。)
アンパンマンは結構繊細な部品が組み合わされて作られているため、娘の粗暴な扱いには耐えられなかったご様子。
しかし怪我の功名で、重心が低くなった為、しっかりと自立できる様になりました。
上手に立っちが出来たね。おめでとう アンパンマン!



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

革に手を出してみた

水牛のトグルボタンと皮



手芸屋さんで全品10%OFFセールをしていたので、ためしに買ってみました。
水牛のトグルボタンと革ひもと端革です。

ボタンは自然素材なので個体差がかなり激しく、在庫の中でどれを選ぶか禿げ上がるくらいに悩みましたが、先っぽのトンガリ具合と全体の厚みと長さと穴の開いている場所のバランス等などからこの1個を厳選しました。
いや、正直に言うと、最後の最後はフィーリングです。
2つまでは理性的に絞れたのですが、二者択一で悩み過ぎて訳わかんなくなっちゃったのです。
まぁ、これも何かの縁でしょう。よろしく、水牛くん。
…とか何とか、強引にまとめてみる。

そこそこ薄手の革を選んだつもりですが、無事にミシンで縫う事は出来るでしょうか?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

片袖オバケ、来ないでね

コートっぽくなってきた



パタレ本のフードコート、袖が出来て、かなりコートっぽくなってきました。

袖を折り伏せ縫いするのは、かなりしんどかったです。
パタレ本では縫い代1.5cmで折り伏せ縫いする指定になっていましたが、私は自分の腕が信用出来なかったので縫い代を全て2cmにしました。
結果、大正解です。
1.5cmにしていたら、下手したらこのフードコート、完成しなかったかもしれません。

あと、写真ではほとんど見えていませんが、襟バイアスと袖ぐりバイアスはキルティングをほどいてポリエステルの裏地部分をバイアスに切ったものを使用しました。

この2つの知恵はCHECK&STRIPEのSEWING LESSONから頂きました。
注文してから届くまでのタイムラグがネックで、CHECK&STRIPEで布等を購入した事は1度も無いのですが、SEWING LESSONは説明が丁寧で分かりやすいので結構よく利用しています。
本当にありがとうございます。
そして何となくゴメンなさい。

片袖でやめると片袖オバケが出てくるらしいけど、あわてて両袖仕上げようとすると、失敗してオバケより怖い縫い直しになるのがオチなので、ここでやめておきます。
完成まであと ひと踏ん張り!



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

奇跡のねじれスヌード

奇跡のねじれスヌード
生地:Fabric bird ウールガーゼジャージー(ミルクティ)



フードコート作りが、常に自分と家庭用ミシンの限界への挑戦で、だいぶ煮詰まってきたので、気分転換にウールガーゼジャージーを1mまるまる使ってスヌードを作りました。
結果的には気分転換どころか、とんだ迷宮に迷い込んでしまったのですが…。

実は最初、ねじれスヌードを意図的に作ろうと考えていて、こちらを参考に縫っていたのです。
が、どうも、かなり私の頭が弱い様子で、返し口から生地をどんでん返ししていくと、何故か途中から裏になってしまうという謎のスパイラルに陥ってしまいました。
しばらくああでもないこうでもないとメビウスの輪を前に考えてみたのですが結局原因は分からず。
仕舞にはキーッと猿の様に発狂し、縫い目を全てハサミで切り開いてしまいました(リッパーでほどくのも面倒になったから)。
その上、もうスヌードに仕立てるのは無理だと判断して、生地をザブザブと水通ししてしまったのです。

しかし、軽く脱水してから生地を見てみてあらビックリ。
水通しすると、この生地は斜行する上に裁断面がくるくると巻いてくるのですが、そのくるくるっぷりが私の予想を超えていたのです。
巻貝かマリー・アントワネットか、くらいのくるくるっぷり。
多分このくるくるストール、私にはきっと使いこなせない(あくまで個人的嗜好の問題です)。

そういう訳でやむを得ず再度スヌード作りに取り掛かったのです。
今度は高望みせず、シュシュを作る要領で、普通のスヌードを縫っていたハズだったのですが…。
まさか発狂して水通しをしたお蔭で生地が斜行して縫い目が良い感じにズレ、ねじれスヌードが勝手に出来てしまうとは!
何が幸いするかなんて、本当に分からないものですね。
人生って面白いなぁ。←観点デカすぎ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Continue Reading

パタレ本のフード…ベスト?

ベストだったらほぼ完成



ようやくヤル気になりました。
パタレさんの新刊、『子供服ソーイング LESSON BOOK』のフードコートをもくもくと作っています。

現時点で1つだけ言える確かな事。
この生地、キルティング初心者にはキツい…。

リボンと小鳥が大きなピッチで規則正しく並んでいるので、柄合わせをキチンとしないと目立ちます。
でも、柄を合わせると今度はキルティングの縫い目がズレます。
悩んだ末、今回は縫い目は ほぼ無視で、柄合わせを優先しました。

また、何も考えずに型紙の指定通りにフードを裁断したら、フードの半分が逆さまのリボンと小鳥になってしまいました。
仕方ないのであらためて裁断し直し、中央に継ぎを入れて、フードを2枚はぎにしました。
これに関しては追加で50cmキルティングを購入していたのが幸いしました。

そんな訳で、水玉とか無地とか小花ギッシリ柄とかにしておけば良かったと後悔の嵐です。
でも、ここまでやったからには意地でも完成させます。絶対に。
頑張れ、私!!



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Pres-deさんのタグ福袋

いろんなタグ



Pres-deさんのオリジナルタグ福袋セットが届きました。
テントウムシのタグが手持ちとモロ被りしてしまいましたが、このボリュームで送料込500円ならアリだと思います。

この福袋、ちょっとイイなーと思いつつも、ずっと購入にまでは至らずにいたのですが、ある日たまたまチェックしてみたらなんと売り切れ!
買えないとなると、途端に欲しくなってしまうのが人間の悲しいサガ。
うぉー買っておけば良かった!!と地団太ステップ踏みまくっていたのです。

そして次の日。
一縷の望みをかけて福袋のページをチェックしてみると、なんと在庫が復活しているではありませんか!
鼻息フンガー!一気にテンションUP!
一秒も迷う事無くポチッと購入してしまいました。
何というか、実にお店の思う壺。チョロイ客です、私。

でも いいんだー。
気になってた青い鳥のタグが入ってたし、リネンのタグも使ってみたかったし。←正当化しまくり。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Alley36号 今度こそ本当に完成!

Alley36号最終形



根っからA型気質なもので、タックの向きが逆なのに気づいてしまったら、それが気になって気になって。
↑本当のA型気質は仕様書をしっかりと読み、タックの向きなぞ最初から間違えない。
結局、返し口と底をほどいて縫い直しました。

せっかくほどいたので、内袋の底にもキルト芯を貼り、ぐるっと縫いつけました。
外袋の底には元々貼っていたのですが、薄手のキルト芯だったので、1枚ではちょっと心もとなかったのです。

あー、スッキリ♪
これで今度こそ正真正銘、Alley36号 完成です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

フェルトのことりちゃん

幼稚園バッグとことりちゃん
パターン:『フェルトのマスコット』 アランジ アロンゾ著



娘が
「みんな幼稚園バッグにカワイイのをつけてる!」
と言うので、とりあえず家にあったフェルトその他をかき集めて作ってみました。
アランジ アロンゾの『フェルトのマスコット』から、「ことりちゃん」です。

アランジ アロンゾといえば、やっぱりうさぎでしょう、という事で私は「おしゃれ しろうさぎ」を作りたかったのですが、これまた娘が
「鳥さんがイイ!」
と頑なに主張したため、ことりちゃんになりました。

ちっこいし単純な作りなので、あっさり完成しましたが、つり下げるためのヒモをつける時に罠が待っていました。
頭でっかちで、重心が明らかに頭寄りに偏っているのは分かりきっていたのに、うっかり首根っこにヒモをつけてしまったのです。
出来上がったことりちゃんをいそいそとバッグに取り付けてみてビックリ!
そこにいたのは下へ下へと向かって飛ぶ、うつむきがちのことりちゃん。
そんな陰気なマスコットが幼稚園バッグについているなんて、何だかとっても嫌。

という訳で、首根っこのヒモはブチッと切って、あらためて頭の上にヒモをつけ直しました。

上を向いたことりちゃん

これで、よし。
大空へ向かって はばたけ、ことりちゃん!
娘の荒いバッグの扱いに耐えかねて、ぶち切れて本当にどっかに飛んではいかないでね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

くったりリネンの地味派手Alley36号

Alley36号A面
生地:ノムラテーラー リトアニアリネン太番キャンバス(エンザイム加工) / MANALOLE ストライプツイル
レース:BellyButton 綿麻レーステープ ベルデ (オフグレージュ)
パターン:BLUE MOON Alley36号




絶好の秋晴れだったので、外でトントン アメリカンホックをつけてきました。
ついでに1本かけ忘れていたステッチも入れておきました。
今度こそ、本当にAlley36号、完成です!

持ち手や留め具部分の細長いどんでん返しとか、ギャザー寄せとか、タックとか、丸底を縫うのとか、本当に本当に面倒な事だらけで、バッグだからとナメていたらとんだ大ヤケドって感じでしたが、完成したらそんなの全部忘れちゃうくらいの可愛いさ。
洋ナシ型のぷっくりシルエットがどうにもこうにも愛らしい。
さすが大人気パターンですね。

裏はこうなっています。

Alley36号B面

表が太番手でネップたっぷりの武骨なリネンなのに対して、裏は派手可愛いマルチストライプっていうのをどうしてもやってみたかったのです。
クールな外見だけど実は可愛いところもあるのよ、みたいな。

色味が合っていたので内ポケットにPres-deさんのお花タグをつけてみたのですが、柄に埋もれてあまり目立たなくて残念です。
お洋服でいうところの裏ヨークにつければ良かったかもしれません。

チラリズム

あぁ、もうっ!
このくったり感とリネンの間から垣間見られるマルチストライプのチラリズムがたまりません。
悶絶モノなのであります。←立派な変態。

…ってうっとり見とれていたら、今さら結構大きなミスを発見してしまいました。
気付かない方が幸せだったかも。
タックをたたむ方向が逆になってる…るるるる る~る~る~♪
気が向いたら縫い直すかな?
でも、これはこれで洋ナシ型の裾すぼまりシルエットが強調されて良いような…?どうでしょう?駄目?
↑誰に聞いているのか?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Alley36号完成…間近

Alley36号チラ見せ



妄想期間2ヵ月を経て、ようやくAlley36号が完成しましたっ!!
…ほとんど。

雨なので外でアメリカンホックをつける作業が出来ません。
残念無念。
使用生地や内側など、詳細は後日あらためて。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2cm幅のどんでん返しは苦行だ

Alley36号のポケットとか



Alley36号、ようやく縫い始めました。

が、いやー、ビックリびっくり。
まさかこれだけで力尽きるとは。

バッグって、どんでん返しのオンパレードなのですよね。
縫い始めてからようやく思い出しました。
幼稚園グッズを作った時のメンドクサさを。

芯貼りした厚手リネン2cm×12cmのどんでん返しなんて、苦行だわ。ホント。
途中で、自分は何を好き好んでこんな事してるんだろう?とか、もしやドMなのか?とか、いやいやどう考えてもSだし、とか。
菜箸でうりゃうりゃ突きながら、どうでもイイ事をいっぱい考えてしまいました。

明日こそ、直線をダダダダダーッと気持ち良く縫いたいなぁ…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

スクールガール風カーディガン

スクールガール風カーディガン



無印のカーディガンを「なんちゃってスクールガール風」にリメイクしてみました。

くっつけたのはイニシャルモチーフレースとコットンレースのみです。
レースがちょっと太目で存在感が予想以上にあったので、コレ以上下手に装飾すると「おかんアート」まっしぐらのニオイぷんぷん。
幼稚園の制服の上にはおるためのカーディガンだし、シンプルに仕上げました。

リバティのリメイクパーカーで学習していたので、今回は全て手縫いで地道にチクチクしました。
しかし今回、まさかのミス。←まさかじゃない。いつも通り。

おしい!

おしいっ!
1mきっかりしか購入しなかった為、微妙に足りなかったというオチ。

でも、あえてのアシンメトリなデザイン♪に見えない事もないと思わなくもなくもないかもしれない…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Continue Reading

メートラインとパイピングテープの色合わせ

メートラインとパイピングテープ
メートライン:結結工房 ウール 15×15mm(SIC-2302C)色番5 
パイピングテープ:RiBBONs 楽天市場店 ブライトパイピングテープ 9mm(SIC-507-9mm)色番30




パイピングテープが届きました。
メートラインはウール、パイピングテープはポリエステル70%ナイロン30%。
素材が違うので完全に同じ色ではありませんが、かなり近い色目ではありました。
と、自分の目には映るのですが…いかがでしょう?←自信まるで無し。

私の目はデカいだけデカいがタダの節穴。
ぼうっとしている上に視力までべらぼうに悪いので、友達が目の前1mで手を振っていても気づかないなんてザラなのです。
だから私の友達はみんな寛容。
というか、寛容な人じゃないと私みたいなへっぽこ人間には付き合えないのだと思われます。とほほ。

これでキルティングジャケットの材料は全て揃いました。
後はヤル気が復活するのを待つだけです。
…え、待つの?むしろ押そうよ、ヤル気スイッチ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

リバティの布シール

リバティの布シール



中途半端に余っていたハギレのリバティで布シールを作りました。
布に両面テープを貼るだけでシールになるなんて、なんてお手軽ハンドメイド!
お手軽といいながら、シールを貼りやすくするために剥離紙の真ん中にカッターで軽く切れ目を入れるつもりがうっかり力を入れすぎて、リバティ布部分まで真っ二つにぶった切ってしてしまい、数枚分ダメにしてしまいましたが…。

先日、娘のお友達のお母さんに招かれて、お宅に午前中からどっかりとお邪魔し、お茶をご馳走になった後、お土産まで頂いてしまったので、そのお返しにと作りました。
そのお母さん、リバティとか可愛い物好きな様なので、丁度良いかなと思って。

ラッピングはこんな感じです。

布シールをラッピング

リバティ自体が可愛いので、ラッピングはあくまでシンプルに、機能美を追及。
…した訳ではなく、小洒落た包材とセンスが無かっただけです。

こんなんで良いのかしら?
布シール程度なら、迷惑になる重いハンドメイドでは無いと思ったのだけど、大丈夫かな?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

メートラインと素敵レース

メートラインと素敵レースと愛
メートライン:結結工房
レース:BellyButton




粛々と荷物が届いております。
あのキルトジャケットの片袖分追加生地とメートライン(結局カラシというか金茶みたいな色にしました)。
および、あのAlley36号におそらく使うであろう素敵レース。
および、その他もろもろアメリカンホックとか糸とかうっかり無目的に購入してしまったモチーフレースとか…。

写真はウールのメートラインと素敵リネンレース(と妄想)が仲良く風呂に浸かるの図です。
いかにも水通ししないとえらい事になりそうな素材のコンビです。
最初、メートラインでLOVEとか書いたら面白いのでは?と考え、ちょっとやってみたのですが、実際やってみたら別に面白くも何ともない上にキチンと判読する事が出来ないレベルにしか仕上げられないと気付き、とってもグダグダになってしまいました。
でも、その気になって見てみると、風呂の湯気と共になんとなく私からの愛が伝わってくる気がしなくもありません。

実はあのキルトジャケットを作るには、メートラインと同色のパイピングテープが必要なんです。
無謀にもパタレさんの新刊、子供服ソーイングLESSON BOOKのフードコートを作ろうとしているのですよ。
この本に掲載されているパターンの中では難易度MAXだというのに。
本当に無謀だ…。

それはさて置き(置いていいのか?)、メートラインを購入した結結工房さんだと、パイピングコードを何と反売りでしか販売してもらえないみたいだったので、仕方なく色番を頼りに別店舗で購入しました。
万人受けしない中間色を選んでしまったために、3㎝幅のこの色のメートラインをメーター切り売りで扱っているのは、私の知る限りネット上では結結工房さんのみで、反対に同色であろうパイピングコードをメーター切り売りしているのは後者のお店のみでした。
だからこんなややこしい買い方になってしまった訳なのです。

一応後者のお店の方に色が合うかどうか確認してもらってから購入したのですが、果たして実際に色はキチンと合っているのでしょうか?
同時に頼んだのに、何故かパイピングコードだけがまだ届かないっていうのが何というか…ひっぱりますな。
「CM後にあの人がついに登場!?」
「次週に続く!」
みたいな。

そんな訳で、この話もまたの機会に続くのであります。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

気を取り直してAlley36号裁断

Alley36号の元



あのキルトジャケットは追加の布が届くまで保留です。
気を取り直してAlley36号の裁断と芯貼りをしました。

今日はこれで終了。
焦って作業をするとロクな事がありません。
じっくりのんびり やっていこうと思います。

…なんて、本当は手持ちに色の合う糸が無かっただけだったりして。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

右の前身頃2枚完成♪

双子?



あああああああああああ!!!!!!!もうっ!!!!!!!!
見事にやってしまいました。
右の前身頃が2枚。

神様はどうして私にこんな試練を与え給うたか?
いやいや、試練を招いたのは私。自分自身。
うっかり者の私ですが、こんなに大きな裁断ミスは初めてです。

ケチ買いしたため用尺はギリギリ。
方向性がある生地なので差込裁断も出来ず、どうやっても片袖分の布が足りません。

仕方無いので追加注文しようとノムラテーラーさんのサイトをのぞいたら、なんとこの色だけ完売。
ここで心拍数急上昇。
ヤバい!ヤバいぞ、これは。
片袖だけ同じ柄のブルーにするとか?
いやいやいやいや、無いない。それは無い。

で、慌てて検索したところ、楽天内で同じ布を扱っているお店を発見!
ピンクの在庫があったので、無事に50㎝追加購入する事が出来ました。
良かった。本当に良かった。

今度裁断する時はアレだな。
指差し確認、声出し確認します。

教訓:幼稚園のお迎え時間ギリギリには裁断するべからず。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

リバティのリメイクパーカー

リバティパーカー



昨日のFeliciteのバイアステープを無事に使う事が出来ました。
これで定規も使えます。良かったよかった。

パーカーを作りました。
なんて言えたらカッコ良いのですが、私にその技量はまだ無いので、無印良品週間で10%OFFになっていたパーカーをリメイクしてみました。

チロリアンテープを叩いているパーカーは結構良く見かけるのですが、あいにくテープの持ち合わせが無かったのです。
そこで閃きました。
Feliciteのバイアステープを叩いたら可愛いんじゃない?と。
しかしそんな事をうっかり思いついちゃったのが運の尽き。
柔らか裏毛ニットに薄~いタナローンのバイアスを真っ直ぐに縫い付ける難しさったら!!
チロリアンテープはハリがあるから縫いやすいのですね。
やってしまいました。

が、縫い神様が降りてきていて、ヤル気満々だった私。
それを悟る前に、すでにバイアステープをぐるっとしつけし終えていたのです。
この苦労を無にしてはいけない!
その一心で、ふにふにと無邪気に歪むバイアステープと格闘しつつ、何とかミシンで縫いあげました。

ポケットのレースと左袖のお花のレースモチーフは手縫いでちくちくつけました。
手縫いは融通がきいていいですね。
…ん?

ああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!
バイアステープ、無理にミシンで縫わないで、手縫いすりゃ良かったんだ!!
ミシンに費やした時間を考えたら、むしろ手でまつった方が早かったかも。
しかも縫い目が見えない分、むしろ綺麗に仕上がったのでは…。

いいんだ、いいんだ。
何事も経験。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Continue Reading

リバティのバイアステープ

Feliciteのバイアステープ



お気に入りは、とって置かずにガンガン使っていく派です。
姉妹間の熾烈な争いの末に身についてしまった悲しいサガなのです。
大好きなエビフライを最後に食べようと思って取って置いたら
「お姉ちゃん、いらないんでしょ?」
とかワザとらしく言ってズサッと奪われ、その後繰り広げられるリアルキャットファイト…みたいな。

そういう訳で(?)Felicite戦隊ウサレンジャーになる予定の無いカットクロスをバイアステープにしました。

色気の無い物に巻いていてスミマセン。
見ての通り、定規でございます。
これから定規を使いたくなったらどうすりゃいいんだ?
計画性無さすぎです。

これである物をリメイクしたいと思っているのですが、上手くいくでしょうか?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

キルトとメートラインの関係

シャツコールキルティング
生地:ノムラテーラー 楽天市場店 ecrulat シャツコールキルト(りぼん)



生地との出会いは一期一会。
今買っておかないと二度と出会えないかもしれない。
とかなんとか言い訳して、シャツコールキルトなんていう私が扱いきれるか微妙な生地を購入してしまいました。

この生地で作ってみたかった物、それは娘のキルトジャケットです。
実際に着用に耐えられるジャケットが出来るかどうかは置いておいて、とりあえずそこで必要になるのがメートライン。
さて、何色にしたら良いものか…。

メートラインの候補

候補に挙がっているのは、茶色かモカかカラシか生成に近いベージュか。
ネットで写真を見て妄想していた時は茶色にしようと思っていたのですが、実際に生地を見てみたら想像以上に深いローズピンクだったので、茶色だとちょっと重すぎる気がします。
ならば小鳥が持っている小枝についている実の色がカラシ色だから、それに合わせるのも悪くなさそう。
生成に近いベージュだったらナチュラル系な感じになりそうだけど、袖なんて特に汚れが目立ちそう。
その点モカは安心だけど、生地に全く入っていない色だから、合うかどうかちょっと自信がない。
だったら生地にそろえてローズピンクとか?

あー、ホント迷います。
メートラインの実物が目の前に無いので余計に迷います。
手持ちの服とか布で合わせてみたりもしたのですが、メートラインとは生地感が全く違うのでイマイチイメージがつかめず…。

難しいけど楽しい悩みでもあるので、納得するまで悶々と悩んでみたいと思います。
…悩んでる内に春にならないとイイなー。あはは。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

モコモコベストを着せてみた

もこもこベストA面着画



テントウムシのモコモコベストの着画が撮れました。

現在4歳、身長101㎝の娘にサイズ120の型紙で作りました。
ファー生地もニット生地もボリュームがあるので、大き目で作るくらいでちょうど良い様です。

では、続いてファーの方の着画。

もこもこベストB面着画

こちら側はシンプルなのでコーディネートの守備範囲が広そうです。


今回、ファーもニットも50cmの子ども買いだったのですが、それでも後1着同じベストが作れる程度の生地が残りました。
せっかくだから活用したいのですが、何を作ったら良いものか…?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Felicite戦隊ウサレンジャー1号

Feliciteうさぐるみ1号
生地:リバティ(Felicite)
パターン:うねうねごろごろ うさぐるみ(無料配信)




どうやら縫い神様が降臨している様です。
ありがたや。
Feliciteのカットクロスで作ろうと思っていたのはうさぐるみでした。

作るのは2回目なので、迷う事無くかなりサクサクと作る事が出来ました。
うねうねごろごろのMACKさんにアドバイス頂いた通り、足元側にぎゅーっと固めた綿を詰めたので、軽く精神統一するだけで自立するおりこうさんに。

1人で精神統一

抜群の安定感です。
前回作ったMargaret Annieのうさぐるみよりも、かなり綿を多く詰めたので、パツンとボリューミーになっています。
お顔も丸くなって、ウサギらしい感じになりました。
Margaret Annieは綿が少ないのでお鼻がシュッととんがったキツネ顔です。

お次は仲良く2匹で精神統一です。

仲良く精神統一

Margaret Annieのへっぽこぶりが際立ちます。
Feliciteが簡単に立つので、Margaret Annieを立たせるのが余計に難しく感じました。

WORKエプロンを親子分2着続けて作った時にも感じたのですが、やっぱり回を重ねれば重ねる程上達するものですね。
私は同じ事を何回も繰り返すのが苦手で、基本的に1つのパターンは1回作ったらおしまいにしていたのですが、同じパターンでも布を変えたりアレンジしたりして2回、3回作ってみると、もっと納得する物が作れるのだろうなと思いました。

とりあえず、タイトルにウサレンジャー1号と書いてしまったからには、色違いで2号3号と作りたいものです。
となると、やっぱり次は青か黄色?



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テントウムシのモコモコベスト

テントウムシのモコモコベストA面
生地:ノムラテーラー ラトビア風ジャガードニット(てんとう虫) / ふわぽかトップヒートファー  
パターン:ham*a モコモコベスト(無料配信)




クイズの答えはベストでした。

案ずるより産むが安し。
作ってみたら、サクサクと出来てしまいました。

ただ、いくらテンションが低いと言ってもニットはニット。
縫っている間にちょっと伸びてしまった様で、帳尻合わせのためにファー生地に合わせて少し切り落としました。
おそらく裾の長い直線を縫っている時に、なんとか真っ直ぐに縫おうと力が入ってしまい、横方向に生地が伸びてしまったのだと思います。
ニットソーイングは曲線よりもむしろ長い直線の縫い合わせの方が難しいと感じました。
左身頃と右見頃でテントウムシの位置がズレてしまったら悲しいなと思ったのですが、縦方向には伸びていなかったのでセーフでした。

このベストはリバーシブルです。
ファーのみではシンプルすぎたので、テントウムシのタグを付けました。
どうやら最近、私の中でテントウムシがブームみたいです。
点がやたらたくさんあるテントウムシは苦手なのですが…。←どうでも良い。

テントウムシのモコモコベストB面

縫い方はhasami*worksさんの記事を参考にしました。
返し口からひっくり返して、ベストがほぼ全て縫い合わされている状態を見た時には、おぉ~!!と感動してしまいました。

今までニットソーイングを何となく難しそうと敬遠してきましたが、やってみたら布帛とそんなに変わる所はありませんでした。
食わず嫌いはいけませんね。
せっかくニット用の針と糸を購入したので、今後もちょこちょこ作ってみたいです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
プロフィール

mikanoha

Author:mikanoha
2008年5月生まれの女の子の母親です。
ハンドメイドにハマっています。
踊る埴輪LOVE♪
足跡代わりにでも、
お気軽にコメントください。

完成作品のお求め先
完成作品はこちらの2店舗にてお求め頂けます。

ハンドメイド リバティ雑貨 ミカンの葉 SHOP

委託先SHOP→ cheap light
石川県のナチュラル雑貨と木のおもちゃのお店です♪
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。