スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこそこジャック・オ・ランタン

Jack-O'-lantern
型紙:キリンビバレッジ ペーパークラフト Happy ハロウィン



コアな人気のへっぽこペーパークラフトシリーズ。
やはりこの時期、コレは欠かせないでしょう、という事でジャック・オ・ランタンです。
使用した紙は、例によってまたペラペラのコピー用紙です。
今回は差し込む部分が無かったので、ペラペラだろうと問題無く作る事が出来ました。

しかしよくよく見てみると、ちょっとヘタのヅラがズレて、のりしろの白い部分が見えています。
紙が柔らかい為、最後にここを接着するのは、意外に難しかったのです。
力加減を間違えるとせっかく立体的に作ったカボチャ部分がベッコリ凹んでしまうのですが、ある程度力を入れないとくっついてくれないというジレンマ。

せっかくなので、我が家の「ちっちゃいもの倶楽部」で記念撮影してみました。

Trick or Treat?
やっぱりミッフィーの様なウサギ、ゴツいわ…。
でも、好き。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ファーの裁断に挑む

裁断終了!



初めてのニット生地・ファー生地の裁断が無事に完了しました。

テントウムシのニットは丸まってこないので、いつも通りロータリーカッターでグリグリッと一気に裁断出来ました。
テンションも低めなので、初心者にもってこいのニットだと思います。

そして問題のファー生地。
先駆者のblogを拝見すると、ファー生地の裁断に関してはオドロオドロシイ記事ばかり。
部屋中あちこち毛だらけになったとか。
体に抜けた毛がくっついてチクチクしてつらかったとか。
抜け毛をお風呂ではらったら、排水溝が詰まったとか。
くしゃみが止まらなくなったとか。

そこで念には念を入れて、晴れた風の少ない日を選んでファーの裁断に挑みました。
いや、お天気は関係ないっちゃ関係ないのだけど、何となく晴れてた方が気合いが入るのです、私。
もちろんがっちりマスクをして、隣にはコロコロを準備して。
気分としてはサングラスもかけたかったけど、家に無かったのでそれは泣く泣くあきらめて。
えぇい、ままよ!と悲壮な覚悟でハサミを入れました。

ところが、選んだファーが良かったのか、裁断してすぐに裁断面にコロコロをかけたのが良かったのか、ほとんど毛が散らかる事は無かったのです。

結果としては大成功だったのだけど、何となく上手くかわされた気分。
マスク姿の重装備がちょいと切ない午後1時なのでありました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

ニットとファーの季節です

ファーとかニットとか
生地:ノムラテーラー ラトビア風ジャガードニット(てんとう虫) / ふわぽかトップヒートファー


突然ですが、クイズです。
私は何を作りたくてこれらを購入したのでしょうか?

ノムラテーラーさんは、カットが綺麗で発送が迅速で、しかも同じ布が他店よりも少しお安く購入出来たりするので、かなりお気に入りのネットショップです。
別にノムラテーラーさんの回し者とかではありません。

そんなノムラテーラーさんから、ふっくらした包みが届きました。
ついに手を出しちゃいました!のニット生地とフェイクファーです。
最近急に肌寒くなったので、浮かれてついつい購入してしまったのです。
テントウムシ柄、むちゃくちゃ可愛いです。
フェイクファーもすべすべしてて気持ち良い肌触り。

しかし、うっかり者の私がフェイクファーの裁断なんて、無事に出来るのでしょうか?
そもそもニット初挑戦なのに、フェイクファーとの合わせ技なんて、無事にこなせるのでしょうか?
レジロン糸は切れやすいとかほどけやすいとかいうけど、私に使いこなせるのでしょうか?

不安は尽きませんが、もう生地は手元に届いているので、どうにか今季中に形にしたいものです。
クイズの答えを見せられないまま春になるのは悲しいので。
頑張るぞー!…たぶん。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

エプロンでお手伝いロボに変身!

エプロンA面
パターン:“Haro*Beh” キッズエプロン M 100~110



作りためたモノは全て紹介し終えましたなんて書いてしまったのですが、1つ紹介し忘れていました。
私、抜けているんです。とんでもなく。

エプロンと三角巾のセットを入園グッズとして作っていました。
結局引っ越しに伴って入園する幼稚園が変わってしまったので必要無くなってしまい、これは家で使用しています。

リンゴの生地は割と厚手のオックスで、赤の水玉は薄手のブロードです。
このエプロンと三角巾は、どちらもリバーシブルなので、色々コーディネートが楽しめます。


エプロンB面


もう、かなり使いこんでいるので、くしゃくしゃでスミマセン。

このエプロンを着用すると娘のスイッチが入るらしく、えらくお手伝いをしてくれる様になります。
頼まなくても家中のカーテンを閉めて電気を点けてくれたり、ご飯を研いでくれたり。
エプロンの思わぬ効能でした。
ありがたや。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Feliciteシスターズ到着

リバティカットクロス(Felicite)
生地:Bernadette リバティカットクロス(Felicite)



リバティのカットクロスセットが届きました。
柄は前々からなんとなく気になっていたFeliciteです。
セットだと自分だったら多分選ばないであろう色が入っているので面白いです。
布の状態で眺めている分には上の2つ(青とオレンジ)が好きなのですが、仕立ててみるとまた印象が違ってくるかもしれません。

形にしたい物はもう決まっているのですが、この若干大き目の花柄が吉と出るか凶と出るか…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

川の字ヘアバンド

ヘアバンド
作り方:くしゅくしゅヘアバンド



奥から旦那、私、娘の物です。
旦那の分だけ「くしゅくしゅ」っていうよりむしろ「くしゃくしゃ」で、適当感がにじみ出ているとかいないとか。

最初に自分用のつもりでベージュのヘアバンドを作り、ついでなので子どもの分も適当に頭に合わせて小さくして作りました。
すると完成したヘアバンドを見た旦那が何気なくスチャッと装着。
「自宅で仕事する時にタオルで鉢巻するよりもコレの方が便利だ。」
という何とも微妙な理由で大絶賛。
結局そのまま自分の物にしてしまったために、後日改めて私の分を作りました。
わざわざコレを作るために購入したソレイアードで。
何だか気合いが違いますね。
心なしか縫い目も自分の分だけピシッとしている様な…。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

ポンコツ アソパソマソ

アソパソマソ
型紙:juneの工作と物欲日記 暇な人専用



マイコプラズマ肺炎がくすぶっているために外出できず、暇を持て余していた模様です。
子どもにせがまれて作りました。
前回に引き続きペラペラのコピー用紙を使用したので、無駄に難易度UPしてしまい、1体で力尽きました。
20体は無理っす。
(20体のアンパンマン画像はこちら。)

しかし不細工なアンパンマン…もといアソパソマソ。
微妙に色々間違っているので、足が妙に長いです。
アソパソマソ、スタイルイイね。うらやましい。


アソパソマソとミッフィー状のウサギ

昨日のミッフィーっぽいウサギと並べてみる。
ウサギの方がゴツイです。
どっしりとしていてガタイが良い。
それに比べてアソパソマソは自立できずに後ろに転んじゃうとか、もう。
ポンコツっぷりが愛らしいです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

ミッフィー状のペーパークラフト

miffy?
型紙:CUBEECRAFT(…の筈なのですが、見つけられませんでした。著作権の関係で削除されたのかも。)



ミッフィーっぽいうさぎのペーパークラフトです。
ミッフィーでは無い証拠に、手に指があります。
何だかとても強そうです。
無表情で敵をなぎ倒していきそうです。

ペラペラのコピー用紙に印刷してしまったので、組み立てるのがとても大変でした。
我が家には厚手の紙が見当たらなかったのです。



昨日のテントウムシのWORKエプロンKIDSで、今まで作りためていたお洋服等は全てご紹介が終わりました。
ようやくリアルタイムなハンドメイドの記録が書けます。

ここ2日くらいで急に過ごしやすくなりました。
そろそろミシンを復活させたいと思います。

これからはややスローペースになると思いますが、良かったらお付き合いください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

テントウムシのWORKエプロンKIDS

WORKエプロン後ろ姿
生地:sora 新潟産先染めコットンダンガリー
パターン:amie poche WORKエプロン




大人用に引き続き、子ども用のWORKエプロンを作りました。
写真を撮ろうと用意していたら、子どもがさっさと着てしまいましたので、今回は趣向を変えて着用画像でご紹介します。

薄手の生地で作ると「いかにもエプロン」になってしまう事を大人用を作った時に学習していたので、子ども用は中厚の生地で作りました。
サロペットスカート風に使いたかったのです。
今回は、私にしては装飾を頑張ってみました。

まず、後ろポケット。

後ろポケット

閂止めとボタン付け糸を赤にし、サイドにタグを挟みました。
テントウムシのタグはPres-deさんのものです。
やっぱりタグをつけるとハンドメイド臭さが抜けて良いですね。

何故か後ろ姿を先に紹介してしまいました。
満を持してモデルさんに正面を向いて頂きましょう。どうぞ!

WORKエプロンKIDS

何故かドヤ顔です。
サイズはMで、娘の身長は現在101㎝です。
着丈はストラップで多少調節出来るし、身幅には結構余裕があるので、長く着られそうです。

このエプロンのポイントは何と言ってもこの大きなポケット。

前ポケット

こちらにもテントウムシのタグを付けました。
後ろポケット同様pres-deさんのタグです。

ステッチをデニム用の太番手の糸ですれば、もっと雰囲気が出たと思います。
が、グニャグニャステッチをさらすのが怖くて同色の糸に逃げました。
ヘタレな母でゴメンよ、娘。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

たぶん薄手のWORKエプロン

WORKポケット
生地:K 【麻100%・リトアニアリネン】無地 厚手エンザイム加工キャンバス グレー(を注文したのに間違って届いた薄手エンザイム加工 グレー)
パターン:amie poche WORKエプロン




あの、いわくつきの生地で作ったエプロンというのがコレです。

ポケットにはPres-deさんのタグをつけました。

お花タグ

タグが届く前にエプロンを作り終えていたので、後付けしました。
何とかミシンで縫う事が出来ましたが面倒臭かったので、計画は大事だなという教訓に。

このエプロンは後姿も可愛らしいです。
このポケットのお蔭で(写真ではちょっと見づらいですが、右下にフラップ付きのポケットが)。

WORKポケット後ろ

たまたまブルーグレーのボタンがあったので付けてみました。

重ね着で洋服として着られるかなと思って作ってみたのですが、実際に着てみたら、生地の薄さのせいか、「いかにもエプロン」という感じになってしまいました。
思惑通りにはいきませんでしたが、寝坊したゴミの日の朝にうってつけで、部屋着の上にすっぽりと着てしまうと、色々アラを隠せる上に、
「お家の中でもお洋服に気を使ってるんです♪」
みたいな感じになるのですごく役立ってくれています。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

ピンタックのスカラップレースペチパンツ

ペチパンツ
生地:布もよう
パターン:ぬいものちくたく かんたんパジャマズボン サイズ110(無料配信)




実はちょこっとリバティのキャミワンピの丈が、思ったより短かったのです。
ワンピとは名ばかりで、下に何も着なければ今時貴重なワカメちゃん状態になってしまいます。
そこで最初は、スカラップレース部分のみを切り取ってキャミワンピの裾に縫い付けようと思ったのですが、どうせだったら他の服にも使えた方が良いなと思い直し、ペチパンツを作ってみる事にしました。

このパターンが結構太目なのを知らずに、とりあえずくるぶし丈に伸ばして作ってみたら、ずどーんとしていて生成り1色なので、怪しい宗教、もしくは弥生時代の服みたい!
そこで、丈を詰めるために、ひたすらピンタックを作っていきました。
裾のスカラップを切る訳にはいかないので、本当に苦肉の策です。
結局、どうせ上に着た服で隠れちゃうんだから意味無いじゃん!って所にまでピンタックを入れる羽目になりました。

そんなしょうも無い成り立ちのペチパンツですが、結果的には大活躍しています。
ピンタックがいいアクセントになってくれて、ちょっとゴージャス(笑)な感じまで醸し出してくれている気がしなくもありません。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

ずるかわスカートで三巻縫いマスター

ずるかわスカート
生地:ユザワヤ(実店舗)
パターン:ずるいくらい可愛い子供スカート(無料配信)




有名なささっとソーイングさんの「ずるかわスカート」を作りました。

フリルの裾始末には、初めて三巻押さえを使用しました。
可愛いくなるんじゃないかと期待して(嘘。主な目的は縫い落ちを少しでも阻止するため)、直線ではなくジグザク縫いを選択しました。

ずるかわフリル

押えから巻きが外れない様にとぐいぐい力強く左に布を引っ張りながら縫い進めたので、巻きが深くなってしまった所もありますが、全長4mのフリルをどうにか全て三巻縫い出来ました。
縫う距離は長いですが、全てまっすぐに縫えば良いだけなので、三巻縫いの練習にはこのフリル、まさにうってつけでした。

余談ですが、このスカートはAKB48を意識して作りました。
余談の余談ですが、娘の推しメンは篠田麻里子さんです。
ずっと自分の好きなように娘の服を作ってきたのですが、たまには娘がいかにも喜びそうな服も作ってみるかと思い立ち、このスカートを作成したのです。
…が、娘さん、このスカートへの食いつきはイマイチでした。
おそらくチェックがタータンではなくマドラスだったのがイカンかったのだと思われます。
ガッカリorz


ランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

実用性はアンパンマンが上

ギャザーポシェット
生地:sora 新潟産先染めコットンダンガリー
パターン:『パターンレーベルのこども服「まいにち着る女の子服」』より ギャザーポシェット




夏休みの家族旅行直前に作りました。
ちまちました小物を作るのが苦手な私が、キィィ!となりながらも、やむにやまれず作りました。

何故なら、旅行に年季の入ったアンパンマンポシェットを持って行って欲しくなかったからです。
子ども向けイベントに行くと、何人かは必ず装着している、形が丸くて肩紐が巾着なんかに使われている紐で出来ているアレです。
ウチのは黄色ですが、他に赤と青があります。
お子さんをお持ちの方なら、おそらくピンと来たのではないでしょうか?

娘はこのアンパンマンポシェットを2歳頃から愛用しているのですが、偏愛するあまりにバッグの側面にボールペンでオリジナルの装飾を施してしまっていたり、激しい動きに耐えきれなかったのか肩紐は擦れて汚れて毛玉が出来てボロクソだったり、おまけにそのボロ紐…いや肩紐を本体に固定するための穴が広がってしまっているため、使用中に紐が何度も外れてしまったりと、かなり酷い有様になっていたのです。

そういう訳で作ったギャザーポシェット。
リボンがついているために子どもはとても気に入ってくれ、外出時は必ずといって良い程持って行きます。

が!
このポシェット、とっても小さいのです。
ハンカチとポケットティッシュと携帯のモック(娘は外出時、必ずコレを持っていく)を入れたらギュウギュウ。
ハンカチを使った後、子どもがぐしゃぐしゃに入れようものならもうボタンは閉まりません。

見た目はとても可愛らしいのですが。
2歳くらいの女の子が訳わからんおもちゃとかお菓子とか入れてちょこんと持っていたら、文句なしに可愛い!と思います。

ってことは、もう1個実用的な大きさのポシェットを作らなきゃならんのか?
…いや、というかさ、とりあえず携帯のモック入れるの止めようよ、娘。



ランキングに参加しています。クリックお願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

どんでん返しが苦手です

リバティ小物集合
生地:リバティ(Cordelia)/sora 新潟産先染めコットンダンガリー
作り方:リボンヘアゴム/シュシュ/コースターとくるみボタンのヘアゴムは適当に自作




制作時期はまちまちなのですが、たまってきたので一気にUPします。
シュシュは自分用で、ヘアゴムは子ども用です。
デザイン違いで布だけお揃いとか、お洋服のテイストをお揃いにするとか、さりげないお揃いが好きです。
お洋服では、デザインがお揃いで布違いの物は作った事があるのですが、完全なお揃いは未体験ゾーンです。

リボンヘアゴムは、三つ編みの先に着けたりするとすごく可愛いのですが、正直なところ結び辛いです。
実用性ではくるみボタンのヘアゴムが圧勝です。

このリバティの生地には柄に方向があるのですが、うっかり失念していたため、コースターは1つだけ仲間外れが出来てしまいました。
一番下に重なっている物が実は柄が逆さまになっていて、正しく置くとリバティ部分は右側になります。
1つだけ右側に柄が来るのも、洒落っ気が効いていて悪くない気もします。
…って完全に自己正当化してますね。

しかしこれだけ作っておいて何ですが、私はつくづく小物作りに向かない、というか苦手なんだなぁと実感しました。
ちまちました布に、ちまちました接着芯を貼って、ちまちま縫って、ちまちまアイロンがけして、ちまちまどんでん返しして…。
そう、このどんでん返しが特に苦手なのです。
バッグや巾着程度の大きさのどんでん返しならまだマシなのですが、今回のコースターとかヘアゴムとかレベルの大きさのどんでん返しと来たらもうっ!
まだチャレンジした事は無いのですが、布ループなんて作ろうものなら発狂してしまいそうです。

しかも、どうにかこうにかひっくり返せたとしても、まだ難関は控えています。
角をキッチリ出そうと目打ちでソフトにツンツンしてもなかなか決まらないからイライラしてきて、エイッと力を入れ過ぎてしまって糸がビヨンと出てしまったり、布をほつれさせてしまったり。
どうもピアノを習っていたせいか、はたまた全く関係なしで生来の馬鹿力なのか、優柔不断なくせに変な所で思い切った行動に出てしまう性格が災いするのか、とにかく指の力が強いみたいで、このトラブルが頻繁に起こるのです。

でも、これに関しては、お洋服で見返し処理する時等にも避けられない事なので、どうにかコツを会得したいなと思っています。
コツをつかむ為、ひたすらコースター作るとか?

うへぇ、勘弁。←ダメだ、こりゃ。



応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

妄想期間は無駄に長い

Alley36号になる予定の布



BLUE MOONさんのAlley36号を作ろうと思い立ってから早1ヵ月強。
ようやく布はそろった(構想、妄想期間が3週間。私は布を選ぶまでがいっつも長い)。
副資材もそろった。
パターンも届いた。
仕様書も読んだ。
なのに、作る気力体力が伴わない。

何故なら、親子そろってマイコプラズマ肺炎にかかっちゃったんです。
どうやらこの肺炎、若い人がかかる病気らしいですよ?
重要なので繰り返します。
マイコプラズマ肺炎は若い人がかかる…(ry

「若い人」というフレーズにこんなにこだわるのは自分が歳くった証拠だな。ち。



応援クリック、励みになってます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

袖付け無くとも油断禁物

パッチポケットプルオーバー
生地:布もよう Linen&Cotton Wガーゼ先染ボーダー
パターン:『Simple Chic 自分が似合うバランスで着る』より F_4 patch pocket pullover(パッチポケットプルオーバー)




またもや一筋縄ではいかない布に手を出してしまいました。
コットンリネンの厚手Wガーゼ、しかも柄合わせ必須のボーダーです。
Wガーゼは手ごわいという話は方々で聞くので覚悟して購入したのですが、やっぱりフニフニウヨウヨする上に厚手なので裁断しにくく縫いにくかったです。
本当はBellyButtonさんでも売っていた青系の方が欲しかったのですが、私が購入した時点では、ネット上ではメーター切り売りはどのお店も完売で、1反単位でしか売られていませんでした。残念。

パッチポケットは、ストライプにして柄合わせから逃げようとも思ったのですが、合わせてみたらしっくり来なかったので、頑張ってボーダーにしました。
後、ガーゼなので、ほつれてこない様に、脇は折り伏せ縫いで始末しました。
ジグザグミシンは一切かけていないので、裏から見ても綺麗だし(あくまで自分比)、ガンガン洗濯機で洗濯OKです。

このパターン、見頃と袖が一体化しているので、袖付けが無いなんて楽チンじゃない?と考えていたのですが、予想外に苦戦したのが袖口の始末でした。
布目に対して斜めになっている肩を縫った時に縫い伸びさせてしまった歪みプラス袖口自体もバイアスになっている所を縫うので、またもや縫い伸びしてしまい、どうにも辻褄が合わなくなってしまったのです。
見頃と袖がくっついてるお蔭でバイアスを縫わねばならないという思わぬ弊害があったのですね。

縫い終えた直後は袖口が伸びた分、ラッパ状にツンと反り返ってしまい、かっちょ悪いなーと思っていたのですが、よくよく見てみたら、本に掲載されているサンプルの袖口もちょこっとツンとしていました。
何となく免罪符。
ちなみに何度か洗ったら、無事に袖口は落ち着きました。めでたしめでたし。

ゆるっとしたデザインでリネン混のWガーゼなので、とても風通しが良くて、涼しく着られます。
この夏はヘビロテで大変お世話になりました。
厚手の生地なので、中に長袖カットソーを重ね着したりすればこれからの季節でもいけると思います。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

厚手と薄手の境目

リトアニアリネン エンザイム加工
上:K 【麻100%・リトアニアリネン】無地 厚手エンザイム加工キャンバス グレー
下:ノムラテーラー リトアニアリネン太番キャンバス(エンザイム加工) ベージュ




同じ布の色違いだと思って購入したのに、届いてみたら全然違っていました。
最初にエプロンを作るためにグレーの方を購入し、イイ感じだったのでベージュの方を購入してみたのですが、何やら見た目も手触りも全く違う布が届いたのです。


リトアニアリネン エンザイム加工 グレー
グレーの方は、硬くは無いもののベージュに比べハリがあり、目が詰まっていてネップはそこそこ。
そんなに厚手って感じもしない。せいぜい中厚程度?

リトアニアリネン エンザイム加工 生成
ベージュの方はかなりくったりしていて、太番手の糸のざっくりとした織りで、ネップ多め。
ビンテージ感があり粗野なイメージ。

どちらも同じ中商事(fabric bird)さんのエンザイム加工厚手の生地だとばかり思っていたのになぁ。
…って中商事さんのサイトを見てみて気付いた。

多分説明を読む限り、エンザイム加工厚手の正解はノムラテーラーさんの生地。
グレーの方は、同じエンザイム加工の薄手の生地が間違って配送されたのでは…?

実はKさんから布が届いた時点で、厚手って割には薄いし、説明と違うなーとは思ったんだけど…。
でも、もうエプロン作っちゃったんだよね。
残っているのはハギレだけ。
どうしようかなぁ?
てか、納得して使用してしまったのだから、もうどうしようも無いのか。
価格は薄手も厚手も同額だし。
決算セールで20%off時に購入しているので、むしろ得してるし。
この生地はこの生地で、イイ感じではあるし。
むしろお洋服として着るなら、薄手の方が好みだったりして。
厚手の方はビンテージ感がたっぷりなので、バッグとか布雑貨に使用した方が使える物になりそう。
つまりは結果オーライって事か。

実際に触れたり見比べたり出来ないだけに、ネットで布を買うってやっぱり難しいですね。
特に自然素材の無地の布なんかは、ロットによって個体差があるんです!と言われてしまうとそれまでだしなぁ。
ウチに来たグレーの布もひょっとしたら厚手生地の物で、個体差の範囲なのかもしれないし。
そもそも私が勝手に思い込んでいただけで、Kさんの生地は中商事さんの生地ではないのかもしれないし。
あー、やっぱり何かもやもやするなー!
引っかかる事があったら、そのつどお店に確認しなきゃダメですね。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

涙の袖あきパイピング

ショールカラードレス
生地:sora 新潟産先染めコットンダンガリー
パターン:『Simple Chic 自分が似合うバランスで着る』より A_3 shawl collar dress(ショールカラードレス)




ダンガリーとデニムって、一体何が違うのでしょうか?
今回使用した生地は、とても柔らかいのですが、中程度の厚みもあるし、綾織なので、
「これはソフトデニムなのっ!」
と強く言い張れば、生地に詳しくない方なら納得してしまいそうな感じです。

ちなみにダンガリーとシャンブレーの違いもいまだにあやふやです。
どうも忘れるツボに入ってしまっているらしく、何度調べても右から左へ抜けてしまいます。
経糸がどーのとか緯糸がどーのとか書いてた気がしますが…。
仕方ないので今度ダンガリーかシャンブレーかデニムが欲しくなったら、またあわてて調べる事にします。
何か白ヤギさんと黒ヤギさんみたいだ。んー、ちょっと違うか。

何にせよ、この布、とても好きです。
派手さはありませんが、とっても柔らかくて、全く透けないくらいの厚みはあるけど家庭用ミシンでも縫えるし、何と言っても仕立て映えするので手作りっぽくない仕上りになるんです(あくまで自分比)。

そんな素敵ダンガリーで作ったのが、『Shimple Chic』のショールカラードレスです。
元々はシンプルな作りのパターンだったのですが、着やすい様にちょこちょことアレンジを加えてみました。

まずアレンジ1つ目はポケット。
元々は無かったのですが、ワンピースにポケットが無いのは何かと不便ということで、同じく『Shimple Chic』に掲載されているパッチポケットプルオーバーの型紙を使ってポケットを作り、適当な場所に縫い付けました。

そして2つ目は袖。
デフォの袖はストレートで袖先を三つ折り処理するパターンだったのですが、こういうスッキリしたデザイン、私が着ると妙にのぺーんともっさり見えるんです。
なので、またもや『Shimple Chic』に載っているスモックフロックの袖を流用し、ロングパフスリーブのデザインに変更しました。

袖に関しては更にアレンジ。
炊事洗濯お掃除等など、主婦の服は袖まくりが出来なくちゃ!
という訳で、袖あきを作る事に。
しかし残念ながら手持ちの本に袖あきに関する資料は1つも無かった…。
そこでググりにググった上で参考にしたのがCHECK&STRIPEさんのSEWING LESSONと手持ちのシャツ達。

それらを参考に、意を決してあき部分にシャキンとハサミを入れ、いざ、パイピング…出来ません
布が結構な枚数重なっているのでミシンが素直に進んでくれない上に、何とか進んでくれたと思ったら今度は袖本体に変なギャザーが寄ってしまうのです。
何度も何度も何度も何度も縫い直しました。
それはもう、リッパーとは大親友になるくらいの勢いで。
なにせ上に書いた通り、あき部分をザックリと切ってしまった為に、もう後には引けなかったのです。
そんなこんなの苦労の上に、ようやく完成した袖あきとポケットがこちらです。


ポッケと袖カフス


ほら、涙無しには見られない。
しかしこの袖あきには笑えない後日談がありまして。
やっとこさワンピースが完成して意気揚々と試着してみたらあーらビックリ。
ボタンをはずさなくても腕まくり出来るではありませんか!!!
どうやらゆったり目の作りになっていたみたいです。

いいんだいいんだ。勉強になったし。
あ、何か目から熱いモノが…。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

リバティのうさぐるみ

リバティうさぐるみ
生地:リバティ(Margaret Annie)
パターン:うねうねごろごろさんのうさぐるみ(無料配信)




ちょこっとリバティのギャザーキャミワンピで使ったハギレのそのまたハギレで作りました。

てのひらサイズのとっても可愛いうさぐるみです。
パーツ1つひとつが小さくて、曲線が多いので、ミシンで縫うのはとても大変でした。
途中で、手縫いの方が楽なのでは?とも考えたのですが、何となく意地になってしまい、これも修行だ!と、ミシンで行ける所は全てミシンで縫い上げました。

このうさぐるみ、精神を集中して立たせると、自立します。
邪念が入ると立ちません。

(あくまでも、私のうさぐるみは、です。
きちんとバランスよく作れたなら、普通に自立すると思います。)




クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

すっきり花柄キャミワンピ

花柄キャミ
生地:HARU クリスタルフラワーローン シュメール カシスオレンジ / Sガーゼ ホワイト
パターン:『Simple Chic 自分が似合うバランスで着る』より B_2 layered dress(レイアードドレス)




HARUさんの夏のセール先行販売のページを見て、
「この生地でキャミワンピ作りたい!」
と、閃いてしまい、一応
「ちょっと派手かもなー、結局着られなかったりして?」
とか悩みはしましたが、私にしては珍しく素早く購入。

『Simple Chic』のレイアードドレスの着丈を10㎝程度延長し、ちょこちょこアレンジして作成しました。
地色が白なので、透けたら嫌だし、いちいちペチコートをはくのも面倒なので、シングルガーゼで裏地をつけました。
ガーゼなので、ほつれない様に折り伏せ縫いで始末したりして、自分にしては丁寧に作業を進め…。
特に引っかかる所も無く、順調に仕上がり、気をよくして試着♪

……。
何か、思ってたのと違う…。

裏地にシングルガーゼを使ったのがいけなかったのか、自分の体型に難があるのか、とにかくヨーク下からふわっと広がってしまうので、横から見たら妊婦
あぁ、結構頑張ったのに、とうとう着られない服を作ってしまったのか、私は!
などと、意気消沈していたのですが、捨てる神あれば拾う神あり。
そこでまた唐突に閃いたのです。

ベルトすりゃいいんじゃない?

速攻で作りました。
共布のベルト用リボンとベルトを通すための糸ループ。
で、完成したのが、こちら。

花柄キャミ後ろ姿

これ(↑)は、後ろから見た図です。
いいです、コレ!閃きを与えてくれた神様、どうもありがとう!
胸下の広がりが抑えられて、かなり理想に近いスッキリ感になりました。
ちなみにリボンを前で結んでも、上にカーディガンを着た時にポイントになって良い感じでした。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

カマキリハウス

カマキリに占拠されたシルバニアハウス



今回の記事、もちろん洋裁ネタではありません。申し訳ありません。

閑話休題で娘の作品紹介です。
何というか、実にシュールでカオスな世界感。

娘曰く、
カマキリとウサギさん達はお友達なのっ!
…だそうです。


※カマキリは私が作ったペーパークラフトです。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

女の子のピンク好きはDNAに組み込まれているのか?

タックキャミソール
生地:CRAFT PUKU カラフルな小雪ドット綿麻シャーチング ルビーピンク / cadeauya リトアニア製コットンリネン 黒
パターン:『パターンレーベルのこども服「まいにち着る女の子服」』より タックキャミソール




パタレ本祭り、今回でひとまず終焉です。

しかし、女の子って一時期、必ずと言って良い程「ピンクブーム」が訪れる時が…ありませんか?無いですか?
おそらく幼稚園に入園して、お友達に感化されたのでしょう。
ウチの子は今年の春あたりからその「ピンクブーム」に突入したのです。

オモチャもお菓子も選ぶのはピンク。
放っておけばお洋服まで頭の先からつま先までピンク。
ピンク、ピンク、ピンク!もう娘の頭は春爛漫です。

その流れで娘が
「どうしてもコレが欲しいのっ!!」
と言って聞かず、いわば押し切られる形で買わされたのが、ルビーピンクにピーコックブルーと白の細かいドットが入った、私だったら少なくともお洋服用に選ぶ事は無いであろうこの生地なのでした。

ルビーピンクの生地UP

基本、地味好き人間な私。
この布の使い道には本っ当に迷い、いっその事巾着袋とか小物にしてしまった方が使えるのではないかとも思ったのですが、

ママ、この布でミカノコのお洋服作ってくれるんでしょ?嬉しいなー♪

なんて満面の笑みで言われた日には、お母さん、作らない訳にはいきません。
って事で、またもや登場したのがギャザーポケットワンピースちょこっとリバティのギャザーキャミワンピを作ってもまだ余っていた黒のコットンリネンです。
地味な無地の布とツートンカラーにすれば、使えるお洋服になるのではと、無い知恵絞って考えたのでした。

で、完成したのがこちらのタックキャミソールです。
ツートンなのが分かりやすいのはむしろ後ろ姿で、個人的にはこのパターン、後ろから見た方が好みだったりもします。


タックキャミ後ろ


形にしてみたら、あれ?そんなに派手派手でも…無いカモ??
布選びって本当に難しいというか、面白いというか。
仕立ててみるとイメージがガラッと変わったりするんですよね。
この布は自分としては良い方に転びました。

娘の事を、
「コイツ、なかなかセンスあるじゃん」
とか見直したりして。
結果オーライに気をよくして、現金な母親なのでありました。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

綾織リネンの悲劇再び

ギャザーキュロット
生地:CRAFT PUKU W巾リネン100%ダンガリーヘリンボーン・モカベージュ
パターン:『パターンレーベルのこども服「まいにち着る女の子服」』より ギャザーキュロット




リネンの綾織には気をつけろ」の回で予告していた布がこちらです。

この布、柔らかいしリネンなのに全然チクチク感も無いし透け感も無いし、すごーく良いんですよ、本当に本当に。
無地だけど布に表情があるから、味があって単調に見えないし。

だけど、だけど!この布を実際に目で見るまで私は気付かなかったのです。
ヘリンボーン=綾織という事に。
では、実際に皆様にもアップでご覧頂きましょう。

ヘリンボーン

ほら、どこをどう見ても「ノ」の字と逆「ノ」の字の組み合わせ。

例によって裁断時はもうフニフニのウネウネ、縫製時も以下同文です。
当時の自分なりにいくら慎重に縫ったところで、結局縫い目があっちゃこっちゃにグネグネと曲がってしまうもので、「この布は今の私の手には負えない」と、作る事を放棄しそうになりましたが、結局執念でどうにかこうにか完成させました。

しかしこのキュロットに関しては、絶っっっっっっ対に裏は見せられない仕上りになっています。
縫い代が広かったり逆に狭かったりして、本当に酷いです。醜いです。

これ以来、私はリネンの綾織には手を出しておりません。
でも、男前な生地は大好物なので、ヘリンボーンは大好きです。
いつかこいつを手懐けられたらいいなーと夢見つつ…。
しかしそんな日は本当に来るのでしょうか?



クリックありがとうございます!励みになってます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

キャミになりそこねたリボンスモック

リボンスモック
生地:CRAFT PUKU
パターン:『パターンレーベルのこども服「まいにち着る女の子服」』より リボンスモック




ここからしばらくはパタレ本のお洋服が続きます。
題してパタレ本祭り第1弾!
…いや、ギャザーキャミを作りまくったから、もう既に第2…いや、第3弾か…。
何だか話が始まる以前からグダグダ感満載ですが、とにかくパタレ本祭りスタートです。
…いや、もうスタートしちゃってたか?(←もういい)

生地はCRAFT PUKUさんで購入しました。
こちらは品揃えが幅広く、何と言ってもお値段が控え目で(同じ布でも他店より安かったりする)、メール便の限度量も結構多めに設定されているので、「子ども買い」をする私にはピッタリのお店です。
しかし、難点が1つだけ。
注文してから配送されるまでのタイムラグがあるのです。
私の場合は入金してから配送されるまで6日かかりました。
正直、今まで購入していたお店は全て入金すれば即日、または次の日には配送手続きをとって下さっていたので、こののんびり具合にはビックリしましたが、布屋さん界ではそれ程珍しい事では無いみたいですね。
というか、6日なんて、まだまだ甘っちょろいタイムラグなのですよね?
予約販売なんて利用したものなら、3ヵ月くらい(!)待たされる事もあるそうで、何というか私みたいに思い立ったが吉日で、今すぐ作りたいのだー!なんてせっかち人間からすると、こんなに待たされたら届くまでに作りたかった物を忘れちゃいそうだわとかうっかり覚えていたとしてもモチベーション下がっちゃうわとか思ったりするのですが、欲しい布を確実に入手したい方には良いのだと思います。

そんなこんなで注文後、約1週間で手元に届いた布ですが、この花柄、茶色の地色にイチゴと色んなお花がギッシリと描かれていて、派手すぎず地味すぎずな感じでとても可愛らしかったです。
その花柄を何を作る為に購入していたのかというと…実はギャザーキャミソールを作ろうと思っていたのです。

黄色のギンガムのギャザーキャミは予行練習で、いざ本番!と思ったら布が手に入るまでに結構なインターバルがあることが発覚しまして。
ふと目を横にやると、そこには黒のコットンリネンちゃんがいらっしゃるではありませんか!
で、あっさり寝返ってさっさと前回書いた「ちょこっとリバティのキャミワンピ」を作ってしまったのでした。

さすがにもう同じデザインのキャミソールはお腹いっぱい。
という訳でパタレ本の中から、私に作れそうで、なおかつこの生地と相性が良さそうなパターンは…と考えた末、難しそうなボタンホールが無いリボンスモックを作る事にしたのでありました。

出来上がってしばらくは、何も装飾が無い状態で着せていたのですが、ちょっと「あっぱっぱ」とか「ムームー」とかっぽい風味がムンムンだったので、後日トーションレースとモチーフレースをたたきつけました。
レースが白っぽすぎ(近所の店にはモチーフレースがこの色しか無かったので、トーションレースも同じ色に合わせた)なので、紅茶染めとかすれば馴染んで良かった気がします。
…紅茶染め、やり方知らんけどね。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

ちょこっとリバティのギャザーキャミワンピース

リバティギャザーキャミUP
生地:cadeauya リトアニア製コットンリネン 黒 / 実店舗で購入 リバティ(Margaret Annie)
パターン:『パターンレーベルのこども服「まいにち着る女の子服」』より ギャザーキャミソール




実はこのコットンリネン、前回のギャザーポケットワンピースのために2m購入していたのですが、結構余ったので、またもやポルカ本のギャザーキャミソールを作ってみる事に。
型紙は前回作った物を流用し、丈をさらに15cm長くしてワンピースとして着られる様にしてみました。

で、特筆すべきは、このブログで今後登場することはあるのだろうか?と思われるリバティ様!
こいつが出てくると、途端にお洒落blogっぽくなりますね。いや、ならないか。なれる訳ないな。まぁいいや。
とにかく、折角なのでアップで見てやって下さい。


リバティギャザーキャミ


とは言ってもホンの少しのハギレ遣いですが…。
何故こうなったのかと言うと、計画性無く裁断していったために、どうしてもコットンリネンの用尺が足りなくなってしまったのです。
そこで、胸元のギャザー部分を切り替えたらイイんじゃない?と閃いて、たまたま他の用途で買ってあったこの布がパンパカパーンと登場したのでありました。

んでもって裾にたたきつけてあるトーションレースですが、これも用尺が足りなかったために、ここに継ぎ目がありまして、そのボロを目立たなくするために存在しています。
ほれ、リバティとか何とか言いながら、結局このblogらしくなってきましたよ。


前回のギャザーキャミソールの回で書き忘れてしまったのですが、このパターンレーベルさんの本で学んで目からうろこがポロポロだった事が1つあります。

出来上がり線の印を布に書き入れずに縫う方法が紹介されていたのです。

これは、それまでわざわざ縫い代線と出来上がり線の2本をルレットでご丁寧に書き入れてから裁断していた私には、かなりの衝撃でした。
ミシンに書いてある縫い代寸法の案内線に布端を合わせて縫っていけば、出来上がり線なぞ書く必要は無いのだ、と。
これを読んで「なるほどっ!」といたく感心した私。
早速ミシンを確認したところ、残念な事に私の愛機には縫い代寸法の案内線なるモノは存在しなかった…。ショック。

なので、大胆に油性マジックでキュキュキューッと書き入れてやりました。
いや、最初は本に書いてある通りに宛名ラベルに線を書いてそれを貼り付けていたのですが、すぐに剥がれてきちゃってキィーッとなる事が何回か続いたので、思い切って書いちゃいました。
お義母さんからの借り物なのに…。
万一返す時が来たら、その時は必至で拭き取る事とします。頑張ります。

これによって、洋裁の敷居はぐぐっと低くなりました。
今では出来上がり線はもちろん、縫い代線も基本的には書かずに裁断しています。
縫うのは楽しいけど、それまでの下準備は苦痛な私にとって、ちょっとでもその苦痛な時間を減らす事が出来るこの方法は、まさに画期的でした。
ありがとう、パタレ本。



クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

ギャザーポケットワンピース

ギャザーポケットワンピース
生地:cadeauya リトアニア製コットンリネン 黒
パターン:Maille ギャザーポケットワンピース




ナチュラル系お洒落洋裁blogを読んでいると、必ずといって良い程、目にするパターン屋さんがあった。
このパターンいいなーと思って調べてみると「またこのお店か!」という事が度々あった。
そのお店が「Maille」さん。
ナチュラルだけど素朴過ぎず、さりげなくヒネリが効いている所がツボだった。

いつものごとく1週間くらい、どのパターンにするか、本当に作れるのか、作っても着るのか、散々自問自答した挙句、「ギャザーポケットワンピース」のパターンをついに購入。
入金確認や発送が迅速で、これは信頼できるお店だなーと思っていたのですが、残念な事に、その後にトラブルが発覚してしまったのです。

何日かパターンを寝かせた後、重い腰を上げてチョキチョキ切り抜き、メンディングテープで貼り付けていて気が付いた。
送られて来たパターンは「ギャザーポケットワンピース」ではなく「サイドギャザーワンピース」ではありませんか!
しかし私も何故切り抜く前に気が付かない?

とりあえず気付いた時点ですぐにMailleさんにメールで事情を説明し、今後どうしたら良いかご相談。
すると店主さんから帰って来た答え(の要約)が…

大変申し訳ございませんでした。
ギャザーポケットワンピースの型紙を速達メール便ですぐに配送します。
サイドギャザーワンピースの型紙は差し上げますので良かったら作ってみて下さい。


おぉー!何かむしろ得した気分♪
しかも後日届いたギャザーポケットワンピースの型紙には本来別料金の仕様書も同封されていました。

こういったトラブル時の対応に、お店の地力とか本性が出る気がします。
私は今回のMailleさんの対応にはとても満足していますし、むしろお店への好感度はUPしました。
パターン自体のデザイン性も含め、かなりおススメのショップさんです。


で、後日仕切り直して作ってみた訳です。
今回使用した布は、リトアニアのコットンリネン。
ハリ感シャリ感が強め、だけどチクチク感は無く、触った感じはピュアリネンと遜色無しで、アイロンも効きまくり、布目がビシッっとしているので裁断も楽々。
こりゃぁ楽勝かも!
なーんて油断していたら、あっさり裏切られました。
裁断後、ポケットを作ろうとして気が付いたのです。

布の裏表が分からない…。

しばらくショックで固まりました…が、裏表が分からないという事は、裏を表にしちゃおうが、またはその反対にしちゃおうがOKなのでは?
そもそもこれは私の服なんだから、とりあえず本人が良しとするならOKっしょ?
という訳で、目を皿の様にして、なんとなーくこっちが綺麗っぽい気がしなくもなくもないからこっちが表クサい、とかいう感じで縫い合わせて行きました。
いいのだろうか…?良くないですね。正解は裁断時に印を付けておく事でしょう。

でもそこで腹をくくってしまってからはサクサクと進み、初めてのギャザー寄せにドキドキはしたものの、案外あっさりクリア出来、縫製は1日で終える事が出来ました。
…嘘です。出来ませんでした。

襟ぐりの始末は、バイアステープで見返しのように裏へ返して、ステッチで押さえる様に指示があったにもかかわらず、前回作ったギャザーキャミでバイアス処理したから、もう分かってるもんねーとロクロク仕様書も読まずに縫ったもので、挟み込んでステッチをかけてしまったのです。
袖ぐりも同様な始末をする様になっていたのですが、そちらはたまたまきちんと仕様書を読んだ為に、間違えずに出来ました。
というか、袖ぐりをバイアス処理した時点で、何で襟ぐりだけ違うんだ?と思って仕様書を読み返してみて間違いに気づいたのでした。

とりあえず襟ぐりはそのままにして、裾を三つ折り処理して完成させちゃったのですが、またもや登場、A型気質。
首の間違っちゃったバイアス処理が気になっちゃって気になっちゃって仕方無い。
ってアナタ、布の裏表がごちゃごちゃなのはイイんかい?
とツッコみたくなりますが、そこはイイんです。自分じゃあ、もはや解決出来ない事だから。
で、お得意のアレです。1晩考えた挙句、ほどいて仕様書の指示通りに縫い直しました。
お蔭で首回りがちょっとヨレてしまいましたが、洗ったら落ち着きました。

挟み込みのバイアス処理でも全然問題無いんですけどね。着用する上では。
でも「何か違うんだよなー」と納得がいかないまま着るのは嫌だったので、ちゃんと直しました。
裏に返してステッチをかけた方がすっきりとして大人っぽい仕上りになる気がします。

お蔭でこのワンピースもかなりヘビロテしています。
重ねて着るタイプなので、季節を問わずに活用出来る所も良いです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

パタレ本のキャミソールとたんぽぽのコサージュ

パタレ本ギャザーキャミ
生地:近所のホーマック(!)
パターン:『パターンレーベルのこども服「まいにち着る女の子服」』より ギャザーキャミソール




次に作りたいものは、何故かキッチリ決まっていた。
それは、子ども用のキャミソール。
できれば無料配信のパターンで。

しかし、結構執拗にググったものの、納得のいく物はヒットせず。
仕方無いのでhibi+のギャザーキャミソールの型紙を買うかなぁと思ったのですが、タイミング悪くその時はカートが開いておらず。

どうしようかなぁと考えていた時にふと立ち寄った本屋さんで、出会ってしまったのです。
『パターンレーベルのこども服「まいにち着る女の子服」』(通称パタレ本)に!
作りたかった「ギャザーキャミソール」の型紙が載っているではありませんか。

私の様に手間暇はかかってもいいから少しでも安く仕上げたい人には、型紙付きの本はまさにうってつけ。
サイズは90~120まで全部載っているし、ネット通販の型紙1~2着の価格で何着ものデザインのお洋服を作れてしまう。
そして、私はまだニット服を作る予定が無いので、布帛物が中心に掲載されていたのもポイント高し。
作りたい服で、なおかつ作れそうな服が他にもあったのも良かった。

って事で、パタレ本をお買い上げ…しなかったのです。何故かその日には。優柔不断なのです、私。
ひと晩寝て、やっぱり買おう!と決心して買いに行ったら…無い。
売れてしまっていたのです。
本なんて腐る物じゃないんだから、すぐに買っちゃえば良かったのに。

無いとなると、俄然欲しくなってしまうのが人間のサガ。
今度はその場ですぐに注文して、1週間後に入手する事が出来ました。
何事もストレートに行かないひねくれ者のオイラ…。

ついでに型紙をトレースするためのハトロン紙も入手。
思い立ったが吉日で、すぐに作ってみたかったので、近所のホーマックで1m300円くらいの激安布も購入。

で、仕上がったのがこのキャミソールです。
説明書きが丁寧なので、初めてでもひっかかる事無く、スムーズに作る事が出来ました。

ちなみに胸についているタンポポのコサージュも、フリーのレシピがネットにUPされていたので、作ってみました。
せっかくなのでこちらもご紹介。



たんぽぽのヘアゴム
レシピ:フェルトお花のヘアゴム~その2~



本当はこのレシピ通りにヘアゴムとして作ったのですが、茎の部分が細くて結ぶ時に絡んでブチブチ切れてしまうのでコサージュに改造しました。
フェルトは切りっぱなしで良いので、気軽に手作り出来て良いですね。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

脱力子ども服

かんたんすっきりギャザースカートKIDS
生地:私のスカートをリメイク
パターン:polka drops かんたんすっきりギャザースカートKIDS(無料配信)




初めての子供服は、これまた評判の良い「かんたんすっきりギャザースカート」。
元々はこれの大人バージョンを最初に作ろうと思っていたのです。
が、スカートだと子どもと公園で遊んでいる時に、何かの拍子でパンツ丸見えになっちゃってその場に居合わせた方々の顔をハニワ顔に固めてしまったら申し訳なさすぎる!という考えに至り、ギャザーパンツに寝返ったという経緯がありまして。
だったら「YOU! KIDSバージョン作っちゃいなYO!」という事で、というか無料だし、ていうか無料だから、気軽にチャレンジしてみました。
基本構造はギャザーパンツと共通だし、むしろ股部分を縫わなくて良いのだから簡単だし。
しかも使用生地は私が大学時代に購入したのに、ほとんど着用していなかった小花柄のスカートを再利用です。

…何でしょう、この気合いの無さは?

だってさ、子どもって服、すぐ汚すでしょ?
んでもって、すぐサイズアウトするでしょ?


下手に上質なお高い生地を使って、これまたお高い凝った型紙を入手して気合い入れて作ったら、基本几帳面で生真面目な(ハズの)A型な私。
道端で水たまり踏む度にカリカリ、公園で転んで汚さないかとハラハラ、ご飯をこぼして汚されてイライラ…etc.
たぶん精神的に耐えられないと思うのです。想像するだけでどっと疲れてしまった。はぁ…。
なので、とりあえずは全て無料で済む範囲でやってみよう、と。

でも、無料の代償はしっかりとありました。

代償その1
仕様書しか公開されていないので、型紙を自分で作らないといけないんですよね。
このパターン、全て長方形なので今だったら直裁ちしちゃうと思うのですが、何せド素人で几帳面なA型ですから、わざわざ型紙作っちゃいました。しかもツルツルの広告で。せめて新聞紙にすりゃあ良かったものを。
お蔭でまち針でとめにくいったら!!

代償その2。
ケチってスカートをリメイクしたものだから、布がちょこっと、本当にちょこっとだけ足りなかったのです。
いや、スカートが無傷だったら楽々余裕で裁断可能だったのですが、何を思ったか、ちょっと前にこのスカートをチョキチョキ切ってティッシュケースを作ってしまっていたのです。
この裁断ヵ所が実に絶妙で、どうしてもこうしても型紙が収まらない。
馬鹿バカ、数週間前の自分!!どうしてよりによってこんな場所を四角く切り抜いてしまったのか!!!
しかしいかに呪おうと怨もうと、布は復活しない。
仕方ないので無い知恵を絞って、結局後ろスカートを2枚はぎにする事で、何とかスカートを形にする事が出来ました。やれやれ。

縫製は、タックもベルト付けもギャザーパンツとすっかり同じ手順だったので、むしろ上手に出来ました。
上手と言っても所詮自分比ではあるのですが。

で、着用させてみての感想ですが、大人臭い地味柄地味色のお洋服を子どもが着ているのも、「ミニおとな」みたいな感じで何かイイですね。
パターンが良く出来ているので、ただ筒にしてゴムを通しただけのスカートとは違って、すっきり綺麗目なイメージになります。

…が、この小花柄が曲者で、この柄にしっくりくるトップスが我が家には存在せず、結局あまり着用しておりません。もったいないなぁ。
パンツ、スカートの類は何やかんやで結局無地の方が使えるのだよな。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Continue Reading

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
プロフィール

mikanoha

Author:mikanoha
2008年5月生まれの女の子の母親です。
ハンドメイドにハマっています。
踊る埴輪LOVE♪
足跡代わりにでも、
お気軽にコメントください。

完成作品のお求め先
完成作品はこちらの2店舗にてお求め頂けます。

ハンドメイド リバティ雑貨 ミカンの葉 SHOP

委託先SHOP→ cheap light
石川県のナチュラル雑貨と木のおもちゃのお店です♪
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。